Izo-dreams note

いちのすけの徒然ノート

ビタースウィートなメランコリー

JUGEMテーマ:Indie Pop/Rock

 

Cigarettes After Sex - Cigarettes After Sex

2017

 

 

ビタースウィートなメランコリー

 

 

米国NYブルックリンを拠点とする

ドリーム・ポップバンド

Cigarettes After Sex 。

 

セックス後のタバコ(一服)という

インパクトのあるバンド名。

 

2008年に

シンガーソングライター Greg Gonzalez を中心に

テキサス州エルパソで結成された。

 

2012年に

1st EP「I」を セルフリリース。

 

EP収録曲「Nothing's Gonna Hurt You Baby」が

YouTubeで5,000万ビューを超えた。

 

その評判は口コミで急速に広がり

ローリング・ストーン誌の

「2016年に知っておくべき10のアーティスト」にも

選出されている。

 

2015年のシングル「Affection」では

REO Speedwagon の

「Keep On Loving You」をカバーしている。

 

 

本作は

1stフルアルバム。

 

レーベルは

ブルックリンのインディレーベル

Partisan Records 。

 

黒を主体にモノトーンを基調とした

アートワークから 音作りに至るまで

一貫したこだわりが感じられる。

 

どこかに毒を秘めたような

妖しく甘いメロディ。

 

ツインピークスで注目を集めた

幻想的な女性ヴォーカリスト

ジュリー・クルーズや

初期4ADの名バンド コクトーツインズの

希代の女性ヴォーカリスト

エリザベス・フレイザー、

マジースターの

耽美な個性派女性ヴォーカリスト

ホープ・サンドバルらを思わせる

気だるく妖艶な

Greg Gonzalez による

中性的なヴォーカル。

 

ダークでドリーミーな

甘美な倦怠感がゆらぐ

スロウコア・サウンド。

 

心地よい闇と

ミステリアスな静けさ。

 

ビタースウィートな

メランコリー。

 

 

Greg Gonzalez - guitar, vocals.

Phillip Tubbs - synth.

Randy Miller - bass.

Jacob Tomsky - drums.

 

 

オフィシャルHP

http://cigarettesaftersex.com

 

facebook

https://www.facebook.com/CigarettesAfterSex/

 

last.fm

https://www.last.fm/music/Cigarettes+After+Sex

 

bandcamp(試聴)

https://cigarettesaftersex.bandcamp.com

 

soundcloud(試聴)

https://soundcloud.com/cigarettesaftersex

 

レーベル・アーティストページ Partisan Records

http://partisanrecords.com/artist/cigarettes-after-sex/

 

 

youtube試聴 Apocalypse

 

youtube試聴 Affection

 

youtube試聴 Keep On Loving You

https://youtu.be/PDJPpG8e4n4

 

youtube試聴 Dreaming of You

https://youtu.be/ZuIDh4XIzxU

 

youtube試聴 Each Time You Fall In Love

https://youtu.be/caxGz3cs7-Y

 

 

 

 

 

 

 

ドリームポップ comments(0) trackbacks(0) いちのすけ
深く融けて

JUGEMテーマ:Indie Pop/Rock

 

 

Daughter – Not To Disappear

2016

 

 

深く融けて

 

 

英国ロンドンを拠点とする

トリオ・バンド

Daughter 。

 

女性ヴォーカリスト Elena Tonra が

自身の世界を表現するため

スイス人ギタリスト Igor Haefeli

フランス出身のドラマー Remi Aguilella とともに

2010年に結成。

 

2011年に

1st EP「His Young Heart」

2nd EP「Wild Youth EP」

をセルフリリース。

 

2013年に

1stフルアルバム「If You Leave」 をリリース。

 

 

本作は

2ndアルバム。

 

レーベルは 4AD 。

 

プロデュースは

Deerhunter や Animal Collective を手がけた

Nicolas Vernhes 。

 

ノイジーかつドリーミーな

まるで愛撫するようなギターに

パーカッション。

 

シンプルだが幻想的なプロダクション。

 

甘く切ないメロディ。

 

センチメンタルでしなやかな

Elena によるスロウコア・ヴォーカル。

 

深く融けていくような

しなやかな歌世界を

静かに深く熟成させている。

 

 

 

Elena Tonra (vocals, guitar)

Igor Haefeli (guitar)

Remi Aguilella (percussion)

 

producer - Nicolas Vernhes (Deerhunter, War On Drugs, Animal Collective)

 

 

 

オフィシャルHP

http://daughter.sandbaghq.com/

 

myspace(試聴)

http://www.myspace.com/ohdaughter

 

facebook

http://www.facebook.com/ohdaughter

 

bandcamp(試聴)

http://ohdaughter.bandcamp.com/

 

レーベル 4AD records

http://www.4ad.com/

 

試聴 Not To Disappear

https://itunes.apple.com/us/album/not-to-disappear/id1044469068

 

 

youtube試聴 Doing The Right Thing

 

youtube試聴 Numbers

 

youtube試聴 How

https://youtu.be/63xjiLDRWBI

 

youtube試聴 Mothers (Official Audio)

https://youtu.be/2Na8AVa0G44

 

 

 

 

 

 

 

ドリームポップ comments(0) trackbacks(0) いちのすけ
夢想飛行のベッドルーム
JUGEMテーマ:Indie Pop/Rock




Crescendo – Unless
2016



夢想飛行のベッドルーム



米国ロサンゼルスの
シューゲイズ/ドリームポップ・トリオ
Crescendo 。

シンガーソングライターでギタリスト
Gregory Cole を中心に結成。

2014年
1st「Lost Thoughts」をセルフリリース。

The Radio Dept. を思わせる
サウンドで注目される。


本作は
2ndアルバム。

レーベルは
We Were Never Being Boring records 。

ロマンティックな
切なく甘いメロディ。

ナイーブな
ウィスパリング・男女ヴォーカル。

ドラムマシーンに
ノイズギター、浮遊するシンセ、
跳ね回るベース。

ポストパンク・リフに
ドリーミーなサウンド・アレンジ。

ベッドルームから飛び出して
夢想飛行へと誘う。

全12曲31分はあっという間だ。



Gregory Cole - guitar, vocals
Olive Kimoto - vocals
Jess Krichelle



オフィシャルHP
http://www.1800crescendo.com/

facebook
https://www.facebook.com/1800Crescendo/

soundcloud(試聴)
https://soundcloud.com/1800crescendo

レーベル・アーティストページ We Were Never Being Boring records
http://www.wwnbb.net/artists/crescendo/

WWNBB/bandcamp/Crescendo – Unless(試聴)
https://wewereneverbeingboring.bandcamp.com/album/wwnbb-077-unless


youtube試聴 Repulsor


youtube試聴 Unless (Full Album)


youtube試聴 Haunted
https://youtu.be/A-Iv8ctIcMw






 
ドリームポップ comments(0) trackbacks(0) いちのすけ
可憐な空



Memoryhouse – Soft Hate
2016



可憐な空



カナダ・オンタリオ出身の
ドリームポップ・男女デュオ
Memoryhouse 。

フォトグラファー、女性ヴォーカリストの
Denise Nouvion と
コンポーザー、プロデューサーの
Evan Abeele により
2009年に結成。

2010年 EP「The Years」を
セルフリリース。

2011年
同作をSub Pop からリリース。

2012年
1st「The Slideshow Effect」を
Sub Pop からリリース。

2015年
EP「Digital Fire, Digital Burn - Holiday Songs 2010-2015」を
セルフリリースしている。


本作は
2ndアルバム。

セルフリリース。

穏やかで美しい
Denise の女性ヴォーカルを
可憐にフューチャー。

ギター、シンセ、キーボードと
ドラムマシン、サンプル、
エレクトロニクスなどをブレンドした
サウンド・メイク、アレンジで
洒落たポップソングを展開する
全10曲35分。

甘いメロディと
ノスタルジックなトーンの
ローファイ・ベッドルーム・ポップ。

瑞々しい感性と
清涼感が魅力だ。



Evan Abeele
Denise Nouvion



オフィシャルHP
http://mmry.house/

facebook
https://www.facebook.com/memoryhouse/

bandcamp(試聴)
https://memoryhouse.bandcamp.com/releases

soundcloud(試聴)
https://soundcloud.com/mmryhs

試聴 Soft Hate
http://www.cdbaby.com/cd/memoryhouse
https://itunes.apple.com/jp/album/soft-hate/id1073930020?ign-mpt=uo%3D4


youtube試聴 Dream Shake (Official Music Video)


youtube試聴 Sarah (Official Stream)


youtube試聴 Arizona (Official Stream)
https://youtu.be/kE9vxqbUmNs

youtube試聴 Soft Hate
https://youtu.be/6_uq8Y-dEJM






 
ドリームポップ comments(0) trackbacks(0) いちのすけ
幻想のテクスチャー
JUGEMテーマ:Indie Pop/Rock





Savage Sister – Speechless
2016



幻想のテクスチャー



米国シカゴを拠点とする
ドリームポップ・トリオ
Savage Sister 。

リード・ヴォーカル、シンセの
Chloe Lundgren
ギター、シンセ、ソングライティング
プロデューサーの Michael Tenzer
ベース、バッキング・ヴォーカルの
Caitlin Klask による3人組で
2012年に結成された。

2013年に
セルフリリースした
1st「Savage Sister」でデビュー。


本作は 2ndアルバム。

bandcamp からの セルフリリース。

花に包まれる
素敵なアートワークは
台湾のデジタル・アーティスト/イラストレーター
Hsiao Ron Cheng (鄭曉)。

Michael Tenzer の
ドラムマシン・アレンジ、
ギター、シンセなどによる
シンフォニックで 浮遊感のある
リヴァーブ・サウンド。

波間に浮かぶような
Chloe Lundgren の
儚いウィスパリング・ヴォーカルと
漂うようなハーモニー。

多層的なシンセ・ドローンによる
アンビエンスがとても美しい
幻想的なドリームウェーブ・ポップだ。



Produced by Michael Tenzer
Album art by Hsiao Ron Cheng (hsiaoroncheng.com)
Released digitally by Wild Patterns (WLD 008)

Vocals - Chloe Lundgren
Guitar/Bass/Synths/Drum Machine - Michael Tenzer



facebook
https://www.facebook.com/SavageSisterBand

lastfm
http://www.lastfm.jp/music/Savage+Sister

bandcamp(試聴)
http://savagesister.bandcamp.com/

bandcamp/speechless(試聴)
http://savagesister.bandcamp.com/album/speechless

soundcloud(試聴)
https://soundcloud.com/savage-sister


youtube試聴 True Kindness


youtube試聴 Pale Surrender (Official Video)


youtube試聴 Cocoon
https://youtu.be/jiL0b-6lsk0






 
ドリームポップ comments(0) trackbacks(0) いちのすけ
さざ波のバラード
JUGEMテーマ:Indie Pop/Rock




Armaud – How To Erase A Plot
2015



さざ波のバラード




イタリアの
ドリームポップ・トリオ
Armaud 。

2013年に
女性シンガーソングライター
ギタリスト、トランペット奏者
Paola Fecarotta による
ソロ・プロジェクトとして始まった。

プロジェクト名は
彼女の父の祖母の姓を起源とする。

ヨーロッパ各地を転々とし
オランダ・アムステルダムで育った彼女は
日常会話は英語を用い
イタリア語で文章を綴ったという。

父の影響を受けてクラシック音楽を聞き
自然にポップ、ロック、ジャズなども聞くようになった。

ドビュッシー、チェット・ベーカー、
バスコ・ロッシからニルヴァーナまで
多くの影響を受けながら
彼女自身はギターとトランペットを習得した。


本作は
デビュー・アルバム。

レーベルは
ローマのインディレーベル
Lady Sometimes Records 。

現在はトリオとして活動する
ギター、プログラミング、ドラム・マシン、エフェクトの
Marco Bonini、
ドラマーのFederico Leo が参加。

ソングライティングは彼女自身。

録音・ミキシングは
matteo portelli 。

マスタリングは
tasos karadedos 。

アートワークは
federica italiano 。

全10曲44分。

穏やかで儚い
優しく美しいメロディ。

ファンタスティックな
ウィスパリング・ヴォーカル。

ミニマルなギターを主体に
ドラムス、プログラミング、エフェクトなどで
繊細にクリエイトした
アトモスフェリックな
サウンド・プロダクション。

スロウコア、
アンビエント、
フォークトロニカ、
シューゲイズ、
ジャジーなテイストもほんのり。

アートワークのように
水辺で揺れるさざ波のバラード。

シンプルながら
とても魅力的だ。






armaud is: 
paola fecarotta (vocals, guitar, trumpet) 
marco bonini (guitars, effects, drum machine)
federico leo (drums) 

all music & lyrics by paola fecarotta 
(in collaboration with beatrice lollobrigida and anto caruso) 
electronic programming & production by marco bonini 
arranged by paola fecarotta and marco bonini 
recorded & mixed by matteo portelli at "the white lodge studio" 
mastered by tasos karadedos - www.stereotype.gr 
artwork design by federica italiano 
cover photo by martina magno 
booklet photo by simona maria cannone 

produced by lady sometimes records • 2015






オフィシャルHP
http://armaud.weebly.com/

facebook
https://www.facebook.com/armaudband

bandcamp(試聴)
https://armaudband.bandcamp.com/

レーベル Lady Sometimes Records
http://www.ladysometimesrecords.com/


youtube試聴 patterns


youtube試聴 how to erase a plot


youtube試聴 Him
https://youtu.be/DRq33WSADTk












 
ドリームポップ comments(0) trackbacks(0) いちのすけ
うさぎの気持ち
JUGEMテーマ:Indie Pop/Rock



French for Rabbits / Spirits
2014



うさぎの気持ち



ニュージーランド出身の
ドリームポップ・デュオ
French for Rabbits 。

女性シンガーソングライターの
Brooke Singer と
ギタリストの
John Fitzgerald により
2011年に結成。

2012年に
ウエリントンに拠点を置く
Home Alone Records から
EP「Claimed by the Sea」を
リリースしてデビュー。

EP は
2013年度の
New Zealand music awards において
「Best folk album」に
ノミネートされた。

彼らのスタイルは
ギタリスト+女性ヴォーカルということから
マジースター、ビーチ・ハウスらに比較される。


本作は
デビュー・フルアルバム。

レーベルは
オレゴン州ポートランドのインディレーベル
Lefse Records 。

プロデュース&エンジニアは
David Parker と Ben Lemi 。

録音は
David Parker 。

マスタリングは
シカゴの Saff Mastering を主宰する
マスタリング・エンジニア
Carl Saff 。

メランコリックなメロディ。

儚くも脆い
透明感のある
ウィスパーヴォーカル&ハーモニー。

愛撫するように
優しくムーディなギターワーク。

ベース、パーカッション、
キーボードなどによる
寄り添うような
プロダクション。

シンプルなサウンドメイクから
薫香が漂うように
エレガントでシルキーな
美しい歌を紡ぎだす。





Brooke Singer
John Fitzgerald
 
Ben Lemi
Hikurangi Schaverein-Kaa

Recorded by David Parker
Produced & engineered by Ben Lemi 
produced and engineered by David Parker
Mastered by Carl Saff in Chicago. 

Album photographs by Misma Andrews. 
Design by Brooke Singer. 





オフィシャルHP
http://frenchforrabbits.com/

facebook
https://www.facebook.com/frenchforrabbits

lastfm
http://www.lastfm.jp/music/French+For+Rabbits

bandcamp(試聴)
http://frenchforrabbits.bandcamp.com/

レーベル Lefse Records
http://www.lefserecords.com/artists/french-for-rabbits/

soundcloud/lefse records/French for Rabbits - Spirits(試聴)
https://soundcloud.com/lefse-records/sets/french-for-rabbits-spirits-1

試聴 Spirits
https://itunes.apple.com/us/album/spirits/id920654626


youtube試聴 Spirits- Live at our house- 2013


youtube試聴 The Other Side


youtube試聴 Goat
http://youtu.be/mifr_fvHhSA









 
ドリームポップ comments(0) trackbacks(0) いちのすけ
幻想の残響
JUGEMテーマ:Indie Pop/Rock



Dead Leaf Echo / Thoughts And Language
2013



幻想の残響




米国ニューヨーク州ブルックリンの
ドリームポップ・シューゲイズ・カルテット
Dead Leaf Echo 。

2006年に
ミュージック&アート・プロジェクトとしてスタート。

2008年に
1stEP「Pale Fire」

2010年に
2ndEP「Truth EP」

2011年に
リミックスEP「Verisimilitude EP」
をリリース。


本作は
1stフルアルバム。

レーベルは 
Neon Sigh 。

アートワークは
4ADのデザイナーV23の
Vaughan Oliver 。

ミキシングは
Cocteau Twins や 
This Mortal Coil を手がけた
4ADのプロデューサー
John Fryer 。

その他
サウンド・コラボレーターとして
Kramer 
Ulrich Schnauss
Mark Van Hoen
Monte Vallier
Charlie Nieland
ら豪華な顔ぶれが参加している。

彼らが影響を受けた
キュアやコクトーツインズを初めとする
80年代〜90年代の
インディロックの複数のジャンルを結合。

アンビエント、バロック、ドリームポップ、
シューゲイズ、ニューウェーブ、ネオサイケ、
ゴシックなどの要素を取り入れた、
彼らなりのアート感覚で展開する
ドリームポップ。

甘いメロディ。

Ana B. と LG による
男女ウィスパー・ヴォーカル。

ミステリアスで
ファンタスティックな
初期4ADの世界観を標榜する
幻想的でドリーミーな
サウンドワークとポップセンスが
魅力的だ。





Ana B. - Guitar,Keys,Vox
LG - Guitar,Keys Vox
Kevin K. – Drums
Steve S. - Bass

Design Collaborators: 
Vaughan Oliver (V23, 4AD)
Marc Atkins

Sound Collaborators: 
John Fryer (4AD)
Kramer 
Ulrich Schnauss (Domino Records)
Mark Van Hoen
Monte Vallier
Charlie Nieland

mixed by John Fryer 





オフィシャルHP
http://deadleafechonyc.com

facebook
https://www.facebook.com/deadleafecho

lastfm
http://www.lastfm.jp/music/Dead+Leaf+Echo

bandcamp(試聴)
http://deadleafecho.bandcamp.com

bandcamp/Thoughts And Language(試聴)
http://deadleafecho.bandcamp.com/album/thought-language

soundcloud(試聴)
http://www.soundcloud.com/deadleafecho

レーベル Neon Sigh
http://www.neonsigh.com/artists/deadleafecho/


youtube試聴 Kingmaker


youtube試聴 "Language of the Waves" Live from the Knitting Factory


youtube試聴 "Birth" (Live on KEXP)
http://youtu.be/ZDU1d3KLuHg





 
ドリームポップ comments(0) trackbacks(0) いちのすけ
至福のフィールズ



Elysian Fields / For House Cats and Sea Fans
2014



至福のフィールズ



米国ニューヨークを拠点とする
女性ヴォーカルの
Jennifer Charles と
ギタリストの
Oren Bloedow の
ソングライティング・チームによる
コラボレーション・ユニット
Elysian Fields 。

1995年にデュオ・ユニットを結成。
ニューヨークの伝説的なKnitting Factory で
デビューしている。

1996年 1st「Bleed Your Cedar」
2000年 2nd「Queen Of The Meadow」
2004年 3rd「Dreams That Breathe Your Name」
2005年 4th「Bum Raps & Love Taps」
2009年 5th「The Afterlife」
2011年 6th「Last Night On Earth」
を Radioactive 、Jetset Records、
Diluvian、Naïve、
Vicious Circle からリリース。


本作は
7thフルアルバム。

レーベルは
フランスの
Vicious Circle 。

ミキシングは
ニューヨークの
プロデューサー&エンジニア
Mark Plati 。

カバーアートを
Lounge Lizard の
John Lurie が手がけている。

ギタリストの Oren Bloedow とともに生み出す
巧みなソングライティングと
フォーク、ジャズ、クラシック、
インディロックなどをブレンドした
シンプルなプロダクションと
エレガントなテイスト。

どこか退廃的なジャジー・ムードと
ノスタルジックなメロディ。

Cowboy Junkies の
Margot Timmons や
Mazzy Star の
Hope Sandoval に比較される
Jennifer Charles の
気だるく官能的なウィスパリング・ヴォーカルは
とても魅力的だ。




Jennifer Charles (vocals)
Oren Bloedow (guitar)

Ben Perowsky (drums)
Ed Pastorini (piano)
James Genus (bass)

mixed by Mark Plati
cover art by John Lurie (Lounge Lizard)





オフィシャルHP
http://www.elysianmusic.com

facebook
https://www.facebook.com/elysianfieldsnyc

bandcamp(試聴)
http://elysianfields.bandcamp.com

レーベル Vicious Circle
http://www.viciouscircle.fr

Vicious Circle/bandcamp(試聴)
http://viciouscircle.bandcamp.com/album/for-house-cats-and-sea-fans

Vicious Circle/soundcloud(試聴)
https://soundcloud.com/vicious_circle/elysian-fields-alms-for-your

試聴 For House Cats and Sea Fans
https://itunes.apple.com/jp/album/for-house-cats-and-sea-fans/id798837293?l=en
http://www.7digital.com/artist/elysian-fields/release/for-house-cats-and-sea-fans


youtube試聴 For House Cats And Sea Fans (2014)
http://youtu.be/WL2g4LdvuH0


youtube試聴 "Hit by a wandering moon" live @ Divan du Monde Paris 02/04/2014
http://youtu.be/4ojHK_-gto0







ドリームポップ comments(0) trackbacks(0) いちのすけ
悲しみのノスタルジア



Foxes in Fiction / Ontario Gothic
2014



悲しみのノスタルジア



カナダ・オンタリオ州トロント出身で
現在はブルックリンを拠点とする
Warren Hildebrand によるソロ・プロジェクト
Foxes in Fiction 。

2010年に
自身が主宰するレーベル Orchid Tapes より
EP「Alberto」をデジタル・リリース。

同年、1st「Swung From the Branches」を
自身のサイトでフリー・ダウンロードで公開。
その後、名門デジタル・レーベル Moodgadget から
リリースされた。


本作は
2ndアルバム。

レーベルは
自身のレーベル Orchid Tapes 。

ソングライティング、録音、
ミキシングは彼自身。

マスタリングは
Andrew Sardinha 。

ヴォーカルで
Rachel Levy、Caroline White、Sam Ray
バイオリンで Owen Pallett 、
チェロで Ansel Cohen 、
ピアノで Beau Sorensen が参加。

2011年から2014年にかけて
ニューヨーク、トロント、ロンドン、
ポートランドで録音された。

全7曲32分。

彼の弟は2008年に16歳の若さで急逝し
2010年に最も親しい友人のケイトを亡くしている。

彼は数年にわたり、
大きな損失と絶望感と向き合いながら
音楽を制作してきたようだ。

本作は
長年の友人のケイトに捧げられている。

損失や悲しみをテーマとしながらも
ダークにはならず
限りない優しさに満ちた作品となっている。

彼自身のヴォーカルと
女性ヴォーカルをフューチャー。

切なく甘いメロディ。

ドリーミーで
シネマティックなサウンド。

さざ波のように揺れるギターやキーボード。

寄り添うように
しなやかなストリングス。

幽玄なアンビエンス。

メランコリックで
アトモスフェリックなプロダクションが
あたたかく抱きしめるように感じられ
ファンタジックで秀逸だ。





Recorded between 2011 and 2014 in New York, Toronto, London and Portland.

Written, mixed and recorded by Warren Hildebrand.
Mastered by Andrew Sardinha.

Owen Pallett plays violin on tracks 1, 2, 4 & 5.
Ansel Cohen plays cello on tracks 4 & 6.
Beau Sorensen plays piano on track 1.
Rachel Levy sings on track 7.
Caroline White sings on track 7.
Sam Ray sings on track 7.





オフィシャルHP
http://foxesinfiction.ca

facebook
https://www.facebook.com/foxesinfiction

lastfm
http://www.lastfm.jp/music/Foxes+in+Fiction

bandcamp/Ontario Gothic(試聴)
http://foxesinfiction.bandcamp.com/album/ontario-gothic

レーベル Orchid Tapes
http://orchidtapes.com

soundcloud/Orchid Tapes/Foxes in Fiction - Ontario Gothic(試聴)
https://soundcloud.com/orchidtapes/foxes-in-fiction-ontario-gothic

試聴 Ontario Gothic
https://itunes.apple.com/us/album/ontario-gothic/id895565867


youtube試聴 Shadow's Song
http://youtu.be/9aV1mm4MAUg


youtube試聴 Ontario Gothic (live @ Neumos, Seattle 9-8-14)
http://youtu.be/V7Wazyh-qhU









ドリームポップ comments(0) trackbacks(0) いちのすけ
1/3 >>