Izo-dreams note

いちのすけの徒然ノート

サテンのカオス

JUGEMテーマ:Indie Pop/Rock

 

 

Sunni Colon – Satin Psicodelic

2018

 

 

サテンのカオス

 

 

米国カリフォルニア州ロサンゼルスを拠点とする

アーティスト、プロデューサー

Sunni Colón こと Thierry Tetsu。

 

彼は

ナイジェリア人の両親のもと

ロサンゼルスで生まれ

ニューヨーク、ロンドン、フランス、

アフリカなどを転々としながら育った。

 

11歳の時に自分の創造性を認識し

ソングライティングを手がけ

音楽をプレイするようになった。

 

彼は多彩な才能の持ち主で

独学による音楽のマルチインストルメンタリストとして、

音楽や動画を発表するほか、

サウンドアート・インスタレーションを制作し、

Tetsuと呼ばれるクリエイティブエージェンシーを所有して、

家具デザインも手がけている。

 

音楽アーティスト、プロデューサーとして

2016年に

1stEP「Thierry Disco」を

セルフリリース。

 

 

本作は

2ndEP で

セルフリリース。

 

パリでのレコーディング。

 

まるで遊牧民のように

ワールドワイドに広がる自由なスタンスと

異種間カオスを融合するユニークなアイデア。

 

それらを紡ぎだす

スムーズなソングライティング。

 

自身を「地球市民」と呼ぶ

コンテンポラリーなアーバン感覚と

アヴァンギャルドなセンス。

 

70年代風のビートに

絶妙に絡むギター、ベース、キーボード。

 

甘いメロディとシルキーなヴォーカル。

 

フューチャー・ソウル、

サイケデリック・ロックなどに影響を受けながら

自由にアレンジされた

まどろみのサウンド・メイクが光る

ベッドルーム・ソウル。

 

 

Sunni Colón aka Thierry Tetsu

 

 

オフィシャルHP

http://sunnicolon.com

 

facebook

https://www.facebook.com/sunni.colon/

 

soundcloud(試聴)

https://soundcloud.com/sunnicolon

 

試聴 Satin Psicodelic

https://itunes.apple.com/jp/album/satin-psicodelic/1434485216

 

 

youtube試聴 Satin Psicodelic

 

youtube試聴 Mornin Dew

 

youtube試聴 Technicolor

https://youtu.be/205tRs3eJfc

 

youtube試聴 Summer Blu

https://youtu.be/QIs8A4bYuFw

 

 

 

 

インディR&B comments(0) trackbacks(0) いちのすけ
メロウの血脈

JUGEMテーマ:Indie Pop/Rock

 

Rhye – Blood

2018

 

 

メロウの血脈

 

 

米ロサンゼルスの

ソウル・ユニット Rhye 。

 

ソロでエレクトロニカ・アルバムを

リリースしていた

カナダのマルチ・プレーヤー、

プロデューサー Mike Milosh と

デンマーク出身の

マルチ・プレーヤーでプロデューサー

Robin Braun こと Robin Hannibal による

コラボ・プロジェクトとして

2010年にスタート。

 

2010年に

コペンハーゲンに拠点を置く

エレクトログループ Quadron を率いる

Robin Braun が

Mike Milosh に声をかけたことから

プロジェクトに発展。

 

2013年に

デビュー・アルバム 「Woman」を

リリースしている。

 

 

本作は 2ndアルバム。

 

レーベルは Loma Vista 。

 

日本盤は

Hostess Entertainment から。

 

前作でのコラボレーター

Robin Braun は参加せず

Michael Milosh の

ソロ・プロジェクトになっているようだ。

 

共同プロデュース、エンジニアは

ロサンゼルスのプロデューサー

King Henry と

Doveman こと Thomas Bartlett 。

 

ミキシングは

ミルウォーキー出身のミキシング・エンジニア

Lexxx と

ニューヨークのプロデューサー&エンジニア

Patrick Dillett 。

 

マスタリングは

Sterling Sound を主宰する

ニューヨークのマスタリング・エンジニア

Joe LaPorta 。

 

Michael Milosh は、

クリエイティブ・ディレクターとして

ヴォーカル、ソングライティング、演奏、

アレンジなどのすべてに関わり、

彼自身の美学、コンセプトを

クリエイトしている。

 

アートワークの

官能的なモノクロ写真も

Michael Milosh 。

 

英国のサックス&フルートプレーヤー

Tamar Osborn

ロサンゼルスのセッション・ギタリスト

Nate Mercereau

ロサンゼルスのマルチプレーヤー

Itai Shapira ら敏腕ミュージシャンを

ゲストに迎えている。

 

エレクトロニクスを用いながらも

ドラムス、ピアノ、パーカッション、

管楽器やストリングスなどの生音も取り入れた

極上のプロダクション。

 

ファルセット主体の

中性的でソウルフルな

ヴォーカル。

 

Nu ディスコ、ポスト・ファンク、ポストR&Bの

コンテンポラリーなサウンドメイクが

なんとも都会的でおしゃれ。

 

ムーディでグルーヴィ。

 

緻密かつ繊細に練られた

スィートでメロウな

とびきり美しいベッドルーム・ソウル。

 

 

Michael Milosh – Vocals, Drums, Percussion, Shaker, Piano, Synthesizer, Keyboards, Guitar

Itai Shapira – Bass, Guitar

Thomas Bartlett – Organ, Synth, Piano [Rhodes], Piano

Justin Parker – Guitar

Claire Courchene – Cello, Trombone

Tamar Osborn – Clarinet, Bass Clarinet, Flute

Nate Mercereau – French Horn, Guitar

King Henry – Bass, Guitar, Keyboards

Benjamin Schwier – Organ, Keyboards, Synthesizer

Thomas Lea – Violin, Viola

Leah Zeger – Violin

 

Arranged By – Michael Milosh

Arranged By [Strings] – Michael Milosh

Creative Director – Michael Milosh

Design, Layout – Carrie Smith

Engineer – Itai Shapira, J. J. Wiesler, King Henry, Michael Milosh, Thomas Bartlett

Engineer [Drums] – James Yost, Noah Dresner

Management – Geoff Barnett

Mastered By – Joe LaPorta

Mixed By – Lexxx, Patrick Dillett

Photography – Michael Milosh

Producer – King Henry, Michael Milosh, Thomas Bartlett

Recorded By [Strings] – Michael Milosh

 

 

 

オフィシャルHP

http://www.rhyemusic.com/

 

lastfm

http://www.lastfm.jp/music/Rhye

 

facebook

https://www.facebook.com/RhyeMusic

 

bandcamp(試聴)

https://rhyemusic.bandcamp.com/releases

 

レーベル Hostess Entertainment Unlimited

http://hostess.co.jp/

 

レーベル Loma Vista

http://www.lomavistarecordings.com/

 

試聴 Blood

https://itunes.apple.com/us/album/blood/1318855470

 

 

youtube試聴 Count to Five

 

youtube試聴 Song For You (Lyric Video)

 

youtube試聴 Taste

https://youtu.be/YVyhCvXc-a4

 

youtube試聴 Please

https://youtu.be/ejcWz1ZRC9I

 

youtube試聴 NPR MUSIC FRONT ROW

https://youtu.be/gUvCkUi66VQ

 

 

 

 

インディR&B comments(0) trackbacks(0) いちのすけ
黄昏のシルエット

JUGEMテーマ:Indie Pop/Rock

 

 

Chastity Brown – Silhouette Of Sirens

2017

 

 

黄昏のシルエット

 

 

米国ミネソタ州ミネアポリスに拠点を置く

女性シンガーソングライターでソウル・シンガー

Chastity Brown 。

 

彼女は

テネシー州ユニオンシティ出身で

彼女自身の歌を書き、歌い始める前に、

教会でサックスとドラムスを演奏して成長した。

 

2007年に

1st「Do the Best You Can」を

セルフリリース。

 

2009年に

2nd「Sankofa」

2010年に

3rd「High Noon Teeth」

をリリース。

 

2011年に

Creative and Dreams Music Network とサイン。

 

2012年に

同レーベルから

4th「Back-Road Highways」を

リリースしている。

 

NPR は "promising new voice"に選出。

89.3 The Current, Star Tribune, City Pages,

Lavender Magazine らが

「best album」に選んだ。

 

 

本作は

5thアルバム。

 

レーベルは

Red House Records 。

 

全10曲49分。

 

ゴスペル、ルーツ、ソウル、

ジャズ、ブルース、フォークなどを吸収して

彼女自身のパーソナルな世界観のもと 

自然体で構築したフォーキー・ソウル。

 

抑えが利いた

エモーショナルなヴォーカルは

シャウトよりも凄みがあり

説得力がある。

 

白人と黒人のハーフである彼女が

自らのアイデンティティを見つめながら

矛盾や苦悩、悲しみや喜びを

自由に表現する

素晴らしい作品。

 

彼女をサポートする

バンドの演奏もプロダクションも

ナチュラルで上質、見事だ。

 

 

Chastity Brown - vocals, guitar, banjo

Robert Mulrennan - electric guitar

Luke Enyeart - electric guitar

deVon Gray - keys

Jim Anton - bass

Greg Schutte - percussion

 

 

オフィシャルHP

http://chastitybrownmusic.com/

 

facebook

https://www.facebook.com/ChastityBrownMusic/

 

last.fm

https://www.last.fm/music/Chastity+Brown

 

bandcamp(試聴)

https://chastitybrown.bandcamp.com/

 

レーベル Red House Records

https://www.redhouserecords.com/store/silhouette-sirens

 

試聴 Silhouette Of Sirens

https://itunes.apple.com/us/album/silhouette-of-sirens/id1208213447

 

 

youtube試聴 Carried Away

youtube試聴 Wake Up (Live on The Current)

 

youtube試聴 Drive Slow (Live on The Current)

https://youtu.be/2wcYdefXVUs

 

youtube試聴 After You | Sofar Minneapolis

https://youtu.be/YNLeKFJvbak

 

youtube試聴 Colorado (Official Video)

https://youtu.be/joJlY9AYf2I

 

youtube試聴 How Could I Forget • Mokum Sessions #74

https://youtu.be/tS98_rGeUew

 

 

 

 

 

インディR&B comments(0) trackbacks(0) いちのすけ
そよ風のヒップホップ
JUGEMテーマ:Indie Pop/Rock





Kilo Kish / Across
2014



そよ風のヒップホップ




米国フロリダ・オーランド出身で
ブルックリンに拠点を置く女性シンガー&ラッパー
Lakisha Kimberly "Kish" Robinson による
DIYソロ・プロジェクト
Kilo Kish (キロ・キッシュ)。

彼女は
ヴォーカリスト、ソングライターのほか、
ビジュアル・アーティスト、画家、
ファッション/テキスタイル・デザイナー、
モデル/女優としても活躍。

ティーンエイジャーのときには
ポップ・グループ
D'Angelz に所属。

18歳のときに
奨学金を得て
ニューヨークのアートスクールに入学。

ブランドのインターン、
レストランやナイトサロン、
モデルなどで働きながら
テキスタル・デザインを学び
2012年に卒業。

趣味としてやっていた音楽で
ルームメートの
Smash Simmons と Mell McCloud とともに
ホームスタジオとプロジェクト
the Kool Kats Klub を始動。

ネオソウル・バンド
The Internet の
Matt Martians と出会い
 The Jet Age of Tomorrow の
「Want you Still」 と
The Internet の「Ode to a Dream」で
コラボレート。

また、
Kilo Kish として
1stEP「Homeschool EP」を
セルフリリース。

2013年に
2ndEP「k+」を
セルフリリース。
フリーダウンロードで提供。

Star Slinger
Matt Martians & The Internet
Earl Sweatshirt
Childish Gambino
ASAP Ferg
SBTRKT
Flatbush Zombies ら
豪華なゲストが参加した。


本作は
3rdEP 。

レーベルは
フランスの Kitsune 。

全8曲21分。

プロデュースは
Caleb Stone 。

ナチュラルなヒップホップ・センスと
ソングライティング。

自然体のラップと
浮遊感のある
キュートな脱力系ヴォーカル。

アトモスフェリックな
サウンド・メイク。

作り込まない
シンプルなプロダクション。

オルタナティブ R&B と呼ばれる
素晴らしいベッドルーム・ヒップホップ。

素人っぽさの残る
なんとも心地よいユルさは
クセになりそうだ。




Lakisha Kimberly "Kish" Robinson

Producer – Caleb Stone




オフィシャルHP
http://kilokish.com/

Kish Robinson オフィシャル
http://kishrobinson.com/

facebook
https://www.facebook.com/kkilokish

soundcloud(試聴)
https://soundcloud.com/kilo-kish/

レーベル Kitsune
http://www.kitsune.fr/journal/2015/01/listen/kilo-kish-across-remixes/

試聴 Across
https://itunes.apple.com/jp/album/across/id890729410


youtube試聴 On the Way


youtube試聴 Curious


youtube試聴 Thoughts on Love and Work
https://youtu.be/5k0BdpuElrQ

youtube試聴 Locket
https://youtu.be/dqL_lZQXs1E








 
インディR&B comments(0) trackbacks(0) いちのすけ
しなやかな自由



FKA twigs / LP1
2014



しなやかな自由



英国ロンドンに拠点を置く
女性シンガー・ソングライターでダンサー、
プロデューサー、ビデオアーティスト
FKA twigs こと
Tahliah Barnett 。

彼女は
ジャマイカ人の父と
スペイン人の母との間に
英国南西部グロスタシャー州チェルトナムで
生まれた。

ダンサーだった母の影響を受けて
幼少時からダンスに親しむ。

また、創造的な表現者として
ソングライティングやプロダクション
プログラミングなどを独学するなど
音楽への強い興味も示していく。

17才のときに
Jessie J のバックアップ・ダンサーとして
ミュージック・ビデオ
「Do It like a Dude」と
「Price Tag」に出演。

ソロ・アーティストとして
FKA twigs 名義で
2012年に
「EP1」をセルフリリース。

2013年に
「EP2」を
Young Turks Recordings から
リリース。

注目の新人アーティストとして
Fader 誌や Dazed 誌などのカバーを飾った。

メディアやファンは
「the trip hop Sade」
「R&Björk」
「galactic alien」
などと呼ぶ。

Billboard 誌における
2014年度に注目する14人の新人アーティストに
選ばれている。


本作は
デビューフルアルバム。

レーベルは
Young Turks Recordings 。

プロデュースは
彼女自身と
コラボレーターとして
共同プロデューサーが3人。

一人目は
Adele、Florence and the Machinem、
Coldplay らを手がけた英国のプロデューサー
Paul Epworth 。

二人目は
EP2 も手がけた
米国ブルックリンに拠点を置く
ベネズエラ出身のプロデューサー
Arca (Alejandro Ghersi)。

三人目は
Lightspeed Championや
Blood Orange名義でも活動を行う
英国のミュージシャン&プロデューサー
Dev Hynes 。

マネキンに
ペインティングしたような
ポップで個性的なアートワークは
カナダ・バンクーバーで活躍する
若干19歳のビジュアルアーティスト
Jesse Kanda 。

全10曲41分。

非常に繊細な感覚と
揺らぐエモーションが
絶妙に浮遊する
素晴らしい仕上がり。

ときに
スキャットのようにも聞こえる
独特のヴォーカル・ワーク。

プログレッシブなスタンスと
官能的なうねり。

ビートの空間感覚と
自由なメロディラインの妙。

クールで、しなやか。

アブストラクト、トリップホップ、ダブ、
アンビエント、エレクトロ、R&B などの要素を
見事に化学反応させた
エクスペリメンタルなインディR&B 。

アンダーグラウンドな存在ながら
恐るべき才能の持ち主。






Tahliah Barnett - lead vocals

Jesse Kanda - artwork

Producer - Tahliah Barnett, Paul Epworth, Arca, Dev Hynes





オフィシャルHP
http://fkatwi.gs

tumblr
http://f-k-a-twigs.tumblr.com

instagram
http://instagram.com/FKAtwigs

FKA x inc.
http://fka-x-inc.com/video/

facebook
https://www.facebook.com/fkatwigs

lastfm
http://www.lastfm.jp/music/FKA+twigs

レーベル Young Turks Recordings
http://theyoungturks.co.uk

試聴 LP1
https://itunes.apple.com/us/album/lp1/id885796922

Jesse Kanda オフィシャル
http://www.jessekanda.com
https://www.facebook.com/jessekandaofficial


youtube試聴 Pendulum
http://youtu.be/Cw6H9YsTLek


youtube試聴 Two Weeks
http://youtu.be/3yDP9MKVhZc


youtube試聴 FKA x inc.
http://youtu.be/AzWCo-Z_a50

youtube試聴 Water Me
http://youtu.be/kFtMl-uipA8

youtube試聴 How's That
http://youtu.be/a7CTo2-bAA8

youtube試聴 Hide
http://youtu.be/vhSUh7tx9J4

youtube試聴 Papi Pacify
http://youtu.be/OydK91JjFOw












インディR&B comments(0) trackbacks(0) いちのすけ
1/1