Izo-dreams note

いちのすけの徒然ノート

混沌からの囁き
JUGEMテーマ:Indie Pop/Rock




Pedestrian – Healthy Ways To Die
2015



混沌からの囁き



米国カリフォルニアの
オルタナティブ・ロックバンド
Pedestrian 。

2013年に
EP「Everyone I Know Who Skis Is Dead」
をリリース。


本作は
デビュー・フルアルバムと思われる。

レーベルは
Sun Terrace Records 。

全9曲40分。

穏やかな情感を紡ぐ
繊細かつノイジーな
Caspian を思わせる
ポストロック・テイストのギター。

かすかに漂う
ウィスパリング・ヴォーカル。

美しいメロディと
流麗なギターワークを生かした
アトモスフェリックなアプローチが光る。




Luke Feilberg - Guitar/Vocals
Logan English - Guitar/Vocals
Lee Lizotte - Bass
Irfy Qadeer - Drums





facebook
https://www.facebook.com/pedestrian420

bandcamp/Healthy Ways To Die(試聴)
https://pedestrianband.bandcamp.com/album/healthy-ways-to-die

レーベル Sun Terrace Records
http://sunterracerecords.tumblr.com/

Sun Terrace Records/soundcloud/Pedestrian – Healthy Ways To Die(試聴)
https://soundcloud.com/sunterracerecords/sets/healthy-ways-to-die


youtube試聴 Breathing Treatment


youtube試聴 Unconscious






 
ポストロック comments(0) trackbacks(0) いちのすけ
光のスティルライフ
JUGEMテーマ:Indie Pop/Rock


This Is A Process Of A Still Life / 
Land Has Never Seemed Further
2014



光のスティルライフ



米国オレゴン州ポートランドの
インスト・ポストロック・バンド
This Is A Process Of A Still Life 。

バンドは2003年に結成され
2004年に
1st「This Is a Process of a Still Life」
2005年に
2nd「Light」を
Firefly Sessions からリリース。

Explosions in the Sky や
This Will Destroy You らを思わせる
美しいインスト・サウンドの作品を
作っていた。

2008年に
バンド名を
Scriptures に変え
よりハードなサウンドを指向して
現在も活動している。


本作は
2006〜2007年に録音された
This Is A Process Of A Still Life 名義による
ラストEP 。

これまでリリースされていなかった作品で
2014年になってから
彼らの bandcamp から
リリースされた。

全5曲25分。

ミキシングは
モンタナのエンジニア
Dave Van 。

マスタリングは
シアトルのマスタリング・エンジニア
Blake Bickel 。

流麗なギターに誘われる
美しいインストゥルメンタル。

木漏れ日に揺れる
光のサウンド・デザイン。

自然の息吹や
密やかな命の営みに寄り添うような
情感豊かな表現力で
流麗なサウンド・スケープを聴かせている。



Jason Ward: bass
Ben Rouner: guitar
Scott Kennedy: guitar
Burke Jam: guitar, organ
Robert Martin: drums 
w/ Bina Peters: violin on tracks 1 & 5 

All songs written and performed by This is a Process of a Still Life 
Produced by This is a Process of a Still Life and Dave Van  
Engineered and mixed by Dave Van at Penguin Studios (Missoula, MT) 
Mastered by Blake Bickel at Dynamic Sound Service (Seattle, WA)  

Cover photo by Ben Rouner 




facebook
https://www.facebook.com/thisisaprocess

lastfm
http://www.lastfm.jp/music/This+is+a+Process+of+a+Still+Life

bandcamp/Land Has Never Seemed Further [EP](試聴)
http://thisisaprocess.bandcamp.com/album/land-has-never-seemed-further-ep

Scriptures オフィシャル
http://www.scripturesmusic.com/bio/


youtube試聴 Land Has Never Seemed Further


youtube試聴 The Things We Learned About Neptune


youtube試聴 All My Blessings Are A Curse
http://youtu.be/iBcmoNqjVVY

youtube試聴 things/cells/beings
http://youtu.be/BW5OkvZICv4







 
ポストロック comments(0) trackbacks(0) いちのすけ
影に潜むもの
JUGEMテーマ:Indie Pop/Rock



Anoice / Into The Shadows 
2015



影に潜むもの



東京の
インスト・エクスペリメンタル・バンド
Anoice 。

2004年に
Takahiro Kido、
Yuki Murata を始めとする
マルチプレーヤーにより
東京で結成。

Anoiceと
matryoshkaのヴォーカリスト caluによる
ポストロックバンド
Rilf

Anoiceによる
ダーククラシカルプロジェクト
Films

Anoiceの男性メンバーと
キーボーディストKenichi Kaiによるバンド
mokyow

AnoiceのTakahiro Kidoと
Yuki Murataによる
ネオクラシカルユニット
Cru

など
多くのサイドプロジェクトや
シークレット名義を持ち
ソロ活動なども含め
精力的な活動を続ける
実力派音楽コレクティブである。

Anoiceとメンバーは
テレビ/ウェブサイトの企業CM、映画、
イベントなどの音楽も数多く制作している。

2006年に
Important Records から
1st「Remmings」でデビュー。

2008年に
自らの音楽レーベルRicco Labelを設立し
2nd「Out Of Season」と
廃墟ホテルでの即興演奏をレコーディングした
1stEP「Ruined-Hotel Sessions」をリリース。

2012年に
3rd「The Black Rain」を
Ricco Label
Important Records
Flowers Blossom In The Space から
全世界でリリース。

全世界の音楽メディアから
高い評価を受けた。

2014年には
2ndEP「From The Studio」を
無料でリリースしている。


本作は
4thアルバム。

レーベルは
Ricco Label 。

ミキシング&アートディレクションは
中心メンバーの
Takahiro Kido。

マスタリングは
KASHIWA Daisuke。

カバー・イラストは
Films や Yuki Murata のソロの
アートワークを手がけた
岡田尚子。

巨躯のモンスターが描かれているが
よく見るとバクだろうか。

一見ダークなイメージに
内包する優しさが感じられる。

イタリアのファッションブランド
「アルマーニ」の
ミラノコレクション用「特別フィルム」のための書き下ろし曲
「forever sadness」
オーストリア映画「Penrose」のメインテーマ曲
「memories of you」
東映映画「Ghost Dolls」のメインテーマ曲
「old lighthouse」などのタイアップ曲をはじめとする
インスト・エクスペリメンタル
全10曲52分。

ポストクラシカル、
ポストロック、アンビエントなどの
ジャンルを縦断するアプローチ。

エレガントでたおやかなストリングスとピアノ、
ギター、ベース、シンセ、グロッケンシュピール、
ドラムス&パーカッション、ノイズ、
エレクトロニクスなどが
渾然一体となって織りなす
壮大かつ繊細なサウンドスケープ。

退廃的な世界を描きながらも
影に潜む夢や希望、
小さな光に焦点を当てるような
美しくも儚い音が散りばめられている。





Takahiro Kido: Piano, Guitar, Organ, Glockenspiel
Yuki Murata: Piano, Synthesizer, Glockenspiel, Cello, Vocal
Utaka Fujiwara: Viola, Violin
Takahiro Matsue: Bass, Tenor Sax
Tadashi Yoshikawa: Drums, Percussion

Guest players:
Junko Tabira: Violin
Asuna: Violin
Saiko: Flute

Track. 1, 4, 8, 9, 10 Composed by Yuki Murata
Track. 2, 3, 5, 6, 7 Composed by Takahiro Kido

Recorded by Takahiro Kido, Yuki Murata, Kenichi Kai
Mixed by Takahiro Kido
Mastered by Daisuke Kashiwa

Illustration by Naoko Okada
Art Direction and Design by Takahiro Kido






オフィシャルHP
http://fleursy.com/anoice/

myspace
https://myspace.com/anoice

facebook
https://www.facebook.com/anoice.japan

lastfm
http://www.lastfm.jp/music/Anoice

soundcloud(試聴)
https://soundcloud.com/anoice

レーベル Ricco Label
http://www.fleursy.com/riccolabel/index.html

Ricco Label/bandcamp/Into The Shadows (試聴)
http://riccolabel.bandcamp.com/album/into-the-shadows

岡田尚子オフィシャル
https://naokookada.wordpress.com


youtube試聴 memories of you (official music video)


youtube試聴 old lighthouse (official music video)


youtube試聴 autumn waltz (official music video)
http://youtu.be/pYGyWBzDG_s

youtube試聴 Invasion
http://youtu.be/rxpHTfa_nAQ

youtube試聴 ripple (official music video)
http://youtu.be/s3mELa0zSuI






 
続きを読む >>
ポストロック comments(0) trackbacks(0) いちのすけ
銀幕のポストロック
JUGEMテーマ:Indie Pop/Rock




Silver Screen Orchestra/
Silver Screen Orchestra
2014



銀幕のポストロック



米国サウスカロライナ州コロンビアの
インストゥルメンタル・ポストロックデュオ
Silver Screen Orchestra 。

ポスト・ロック・バンド
pan のメンバーとして活動していた
エレクトリック・ギターの
Nathan Stewart と
ヴァイオリンの
Kayla Breitwieser によって
2011年に結成された。


本作は
デビュー・アルバム。

bandcamp からの
セルフリリース。

自動車事故により
2014年7月9日に18才で亡くなったNathan の弟
Nicholas Chase Stewart に
捧げられている。

15分以上の長尺曲のみの
全4曲69分。

インスピレーションのままに
自由に奏でられる
ギターとヴァイオリンのシンフォニー。

ときに物悲しく
ときに抽象的に
シネマティックかつ
幻想的に展開していく
インスト・エクスペリメンタル。

闇をたゆたい
光を求めて彷徨うような
痛いほどの情感に
胸が締め付けられる。




Nathan Stewart: Electric Guitar 
Kayla Breitwieser: Violin

Recorded in Montreal, QC with Howard Bilerman of Hotel2Tango. 
Mastered by Harris Newman of Grey Market Mastering. 
In honor of Nicholas Chase Stewart.




facebook
https://www.facebook.com/slvrscren

bandcamp/Silver Screen Orchestra(試聴)
https://silverscreenorchestra.bandcamp.com/album/silver-screen-orchestra


youtube試聴 Silver Screen Orchestra live at Sacred Grounds (Part 1/4)


youtube試聴 Silver Screen Orchestra live at Sacred Grounds (Part 2/4)


youtube試聴 Silver Screen Orchestra live at Sacred Grounds (Part 3/4)
http://youtu.be/xCytNArrghg

youtube試聴 Silver Screen Orchestra live at Sacred Grounds (Part 4/4)
http://youtu.be/JGFuWlQ5Rc8







 
ポストロック comments(0) trackbacks(0) いちのすけ
シンフォニックな深化



Blueneck / King Nine
2014



シンフォニックな深化



英国ブリストルの
ポストロックバンド
Blueneck 。

シンガーソングライター、
マルチプレーヤーの
Duncan Attwood を中心に
2000年代初頭に結成。

Duncan Attwood
Ben Paget
Ben Green
Johnny Horswell
の4人のメンバーに現在は
Michael Maidment を加えた
5人組となっている。

2006年に
Don't Touch から
1st「Scars Of The Midwest」をリリース。

2009年に
Don't Touch と Denovali Records から
2nd「The Fallen Host」をリリース。

2011年に
Denovali Records から
3rd「Repetitions」をリリース。

2012年に
Denovali Records から
4th「Epilogue」をリリース。

2013年に
Don't Touch から
リミックス・アルバム
「Alpha.Blueneck」をリリースしている。


本作は
5thアルバム。

レーベルは
Denovali Records 。

憂いあるメロディと
ジェントリーなヴォーカル。

スロウからミッドテンポで展開する
シネマティックなサウンド・スケープ。

ポスト・ロック
ポスト・プログレッシブ
ポスト・アンビエントな音は
ニア・ダークな世界観のもと
センチメンタルかつ優美に広がる。

ギター、ベース、ドラムスに
ピアノ、キーボード、エレクトロニクス、
ストリングスなどによる
シンプルなプロダクションは
激しい緩急や
轟音のクレッシェンドを指向せず
繊細で穏やかななかに
シンフォニックな深化と美しさを求めたものだ。




Duncan Attwood
Ben Paget
Ben Green
Johnny Horswell
Michael Maidment




オフィシャルHP/bandcamp(試聴)
http://www.blueneck.com/

myspace
https://myspace.com/blueneck

facebook
https://www.facebook.com/BlueneckUK

lastfm
http://www.lastfm.jp/music/Blueneck

レーベル・アーティストページ Denovali
http://denovali.com/blueneck

試聴 King Nine
https://itunes.apple.com/jp/album/king-nine/id931192830


youtube試聴 Counting Out
http://youtu.be/CjrN7AsZuA0


youtube試聴 Man Of Lies
http://youtu.be/jAY_UFTfNV0


youtube試聴 Sirens
http://youtu.be/m5Ov6estbYA






ポストロック comments(0) trackbacks(0) いちのすけ
クールな情熱



Brontide / Artery
2014



クールな情熱



英国のポストロック・トリオ
Brontide 。

プログレ、ポストロック、ハードコア、
マスロックなどを折衷した
インスト・エクスペリメンタル。

2011年に
1st「Sans Souci」を
Holy Roar Records からリリース。


本作は
2nd アルバム。

レーベルは
Holy Roar Records と
Pink Mist Records 。

全8曲44分。

反復するリフ。

ミニマルなフレージング。

変則的なリズム。

クールな展開力と繊細さ。

併せ持つ
ハードネスとポップネス。

情熱をクールにコントロールした
サウンド・メイクが光る。



William Bowerman - drums
Nathan Fairweather - bass
Tim Hancock - guitar



オフィシャルHP
http://brontideartery.com/

facebook
https://www.facebook.com/Brontidetheband

lastfm
http://www.lastfm.jp/music/Brontide

bandcamp/artery(試聴)
http://brontide.bandcamp.com/album/artery

soundcloud(試聴)
https://soundcloud.com/brontide

レーベル Pink Mist Records
http://www.pinkmist.co.uk

レーベル Holy Roar Records
http://holyroarrecords.limitedrun.com/products/528129-brontide-artery

試聴 Artery
https://itunes.apple.com/jp/album/artery/id875893898


youtube試聴 Artery | 30/06/14
http://youtu.be/fd6tsovv9P8


youtube試聴 Cabin
http://youtu.be/zMB5JEttuM8







ポストロック comments(0) trackbacks(0) いちのすけ
夢見るスターダスト



Amatorski / From Clay To Figures
2014



夢見るスターダスト



ベルギー・ヘントを拠点とする
4人組ポストロックバンド
Amatorski 。

バンドは
シンガーソングライター、マルチプレーヤーの
Inne Eysermans と
シンガーソングライター、ギタリストの
Sebastiaan Van Den Branden を中心に
2008年に結成。

2010年に
国内のロックコンテスト
the Humo's Rock Rally の
決勝に進出したことで有名になった。

同年
EP「Same Stars We Shared」でデビュー。

2011年
1st「TBC」をMunich Records からリリース。

この作品は
ベルギー国内でベスト5になり
ベルギーの音楽アワードにおいて
いくつかのカテゴリーでノミネートされるなど
高い評価を受けた。

2014年
2nd「From Clay To Figures」を
リリース。

音楽、ビジュアル・アートと
ウェブ・アートを結合した
マルチメディアのプロジェクトにも
取り組んでいる。


本作は
2nd フルアルバム。

レーベルは
ワールドミュージックやIDM作品をリリースする
ベルギーのレーベル
Crammed Discs 。

共同プロデューサー&ミキシングは
The Divine Comedy、Spiritualized、
Efterklang、Belle & Sebastian らを手がける
英国のプロデューサー
Darren Allison 。

エンジニアは
ベルギーのスタジオ・エンジニア
Ruben Hoogewys 。

マスタリングは
ベルギーのマスタリング・エンジニア
Uwe Teichert 。

雪が舞い降りるような
幻想的なアートワークは
Joke Leonare 。

ソングライター&ヴォーカリスト
Inne Eysermans と
Sebastiaan Van Den Branden を主体とした
ソングライティングと歌のスケッチをもとに
シンプルかつエレガントで
シンフォニックに構築するサウンド。

ギター、ピアノ、ベース、ドラムス、
シンセサイザー、プログラミングに
フレンチホーン、サックス、トロンボーン、
ストリングス。

センチメンタルなメロディに
繊細な男女ヴォーカル。

澄んだ蒼き空間に明滅する
スターダストのようなサウンドメイクが
とても美しい。




Vocals, Piano, Keyboards, Programmed By, Guitar, Glockenspiel, Arranged By [Horns] – Inne Eysermans
Guitar, Vocals, Programmed By – Sebastiaan Van Den Branden
Drums, Percussion – Christophe Claeys
Bass [Upright], Piano, Programmed By, Cello – Hilke Ros

French Horn – Hans De Nayer, Lize Vandermeeren
Saxophone [Ensemble] – Bertel Schollaert, Eva Vermeiren, Maarten Jan Huysmans, Thomas Van Gelder
Trombone [Bass] – Kevin Absillis
Violin, Arranged By [Strings] – Pratricia Vanneste

Composed By, Written-By, Performer, Producer – Amatorski
Producer [Additional] – Darren Allison
Engineer – Ruben Hoogewys
Mastered By – Uwe Teichert
Mixed By – Darren Allison
Artwork – Joke Leonare




オフィシャルHP
http://www.amatorski.be

myspace
https://myspace.com/amatorski1

facebook
https://www.facebook.com/amatorski

lastfm
http://www.lastfm.jp/music/Amatorski

bandcamp(試聴)
http://amatorski.bandcamp.com/

soundcloud(試聴)
https://soundcloud.com/amatorski

レーベル Crammed Discs
http://www.crammed.be/

試聴 TBC
https://itunes.apple.com/ee/album/tbc/id591787615
http://www.emusic.com/album/amatorski/tbc/13821635/

試聴 From Clay To Figures
http://3voor12.vpro.nl/luisterpaal/albums/Amatorski.html
https://itunes.apple.com/ee/album/from-clay-to-figures/id829724767


youtube試聴 "This is Amatorski" (making of "from clay to figures")
http://youtu.be/zzFhigU0y38


youtube試聴 22 Februar (Marble Sounds rework)
http://youtu.be/NwW06kWmFzs








ポストロック comments(0) trackbacks(0) いちのすけ
ダイナミックな音の広がりと繊細な空気感




Revival Hymns / Pauhu
2014




ダイナミックな音の広がりと繊細な空気感




フィンランドの
5人組インディロックバンド
Revival Hymns 。

2011年に
1st「Feathers」をリリースして
デビュー。

インディロック、ポストロック、
シューゲイズなどを飲み込んだ
ダイナミックな音の広がりと
繊細な空気感を作り出している。


本作は
2ndアルバム。

レーベルは
Wolves and Vibrancy 。

彼らのbandcamp から
デジタル・アルバムを
name your price にて
提供している。

繊細なアンビエンスを聴かせる
緩急織り交ぜたサウンドに
スロウコアなヴォーカル。

静けさから発して
フィードバックやノイズで
繊細な美しさを表現していく
オープニング・インスト曲
「Consider The Lilies」から
ヴォーカル曲6曲をはさみ
10分に及ぶクロージング・インスト曲
「They neither Toil nor Spin」まで
全9曲はとても美しい。



Riku-Ville Heikkila
Sauli Hamalainen
Henri Annala
Markus Gronfors
Ville Rantala



オフィシャルHP
http://revivalhymnsmusic.tumblr.com

bigcartel
http://revivalhymns.bigcartel.com

facebook
http://facebook.com/revivalhymns

bandcamp(試聴)
http://revivalhymns.bandcamp.com

bandcamp/Feathers/name your price(試聴)
http://revivalhymns.bandcamp.com/album/feathers

bandcamp/Pauhu/name your price(試聴)
http://revivalhymns.bandcamp.com/music

soundcloud(試聴)
https://soundcloud.com/revivalhymns

レーベル Wolves and Vibrancy
http://www.wolvesandvibrancyrecords.com


youtube試聴 Revival Hymns new album- teaser
http://youtu.be/SnzVin71o9s


youtube試聴 They neither Toil nor Spin
http://youtu.be/0vSxnSl_JuI


youtube試聴 Rive Droite
http://youtu.be/-t6yxFwF9OQ

youtube試聴 Hallucination Diaries (Video)
http://youtu.be/qvTPl4Wjzyw







ポストロック comments(0) trackbacks(0) いちのすけ
異形の女王





Matryoshka / Laideronnette
2012




異形の女王




東京在住の男女デュオ・ユニット
matryoshka(マトリョーシカ)。

アート映像や
インディーズ映画の楽曲などを
製作していたというトラックメーカーの Sen と
宅録で製作をしていたという
ヴォーカリストの Calu により
2006年に結成。

マトリョーシカといえば
人形の中からまた人形が出てくる
入れ子構造になっている
ロシアの木製人形を思い浮かべる。

彼らのサウンドも
内省的に深く入り込みながら
さまざまなジャンルを入れ子構造のなかに
織り込んでいくように創造的だ。

2007年
Novel Sounds から
1st「Zatracenie」でデビュー。

その才能の豊かさから
作品は口コミで広がり
無名の新人としては
驚異的な売上を記録したという。


本作は
5年ぶりとなる
待望の2nd アルバム。

レーベルは
virgin babylon records 。

アルバム・タイトルは
ラヴェルの組曲マ・メール・ロワ
「パゴダの女王レドロネット」から
「世界一醜い女王の名」として命名された。

秀逸なアートワークは
1st アルバム同様
Ayako Yoshimoto (a.k.a aya scuraco)
が手がける。

退廃的で
無機的なビート&ノイズ。

優しく穏やかなピアノ。

包み込むような
壮大で美しいストリングス。

儚く甘い
メランコリックなメロディ。

天使のささやきのような
女性ヴォーカル。

ダークムーディな
妖しい美しさ。

アンビエント、ポストロック、エレクトロニカ、
トリップホップなどの要素を融合した
異形のサウンド・スケープが
光と闇が交錯する深遠な世界観を構築する。

さりげなくも凄みのある
異形の才能を是非。



Sen (track maker)
Calu (vocal)




オフィシャルHP
http://www.matryoshka.jp

myspace(試聴)
http://www.myspace.com/matryoshkamusic

facebook/Unofficial
http://www.facebook.com/Matryoshka.jp

Ayako Yoshimoto ブログ
http://ameblo.jp/arttybook/

レーベル virgin babylon records
http://www.virgin-babylon-records.com/

試聴 coctura
http://www.7digital.com/artist/matryoshka/release/coctura/?src=live-search

試聴 Laideronnette
https://itunes.apple.com/jp/album/laideronnette/id583731510
http://www.emusic.com/listen/#/album/matryoshka/laideronnette/13764433/:


youtube試聴 Laideronnette (digest) 2012.12.12 release
http://youtu.be/IBfut30luVk


youtube試聴 Monotonous Purgatory (MUSIC VIDEO) 2012.12.12 release
http://youtu.be/RaVu3IxxavA


youtube試聴 Niedola (MUSIC VIDEO) 2012.12.12 release
http://www.youtube.com/watch?v=mnmbPLC-iUU&feature=share&list=UUal8IP5ZljZqP2QpDrm9Huw





ポストロック comments(0) trackbacks(0) いちのすけ
穏やかな青い海



The Calm Blue Sea / Arrivals and Departures
2012



穏やかな青い海



米テキサス州オースティンの
4人組ポストロックバンド
The Calm Blue Sea 。

バンドは
2007年後半に結成。

2008年に
1st「The Calm Blue Sea」を
セルフリリースしてデビュー。

1stアルバムは
2011年に
Modern Outsider Records から
リイシューされた。


本作は
2ndアルバム。

レーベルは
Modern Outsider Records 。

プロデュースは彼ら自身。

マスタリングは
シカゴのマスタリング・エンジニア
Carl Saff 。

録音・ミキシングを
The Black Angels や
White Denim を手がけた
Erik Wofford が担当。

Godspeed You! Black Emperor、
Mogwai、
Explosions in the Sky
らに影響を受けた
緩急のハーモニーと
クレッシェンドのスパイスに、
広がりのあるインストゥルメンタル・サウンド。

ビタースウィートなヴォーカルを織り交ぜ
静けさのなかに印象的なメロディと
創造的なサウンドワークを構築していく。







The Calm Blue Sea :
Stephen Bidwell - drums
Chris Patin - guitars, vocals
Kyle Robarge - bass
Taylor Wilkins - guitars

Featuring :
Gerardo Larios
Wayne Myers & Derek Phelps
Erik Wofford

Produced by The Calm Blue Sea
Recorded at Cacophony Recorders in Austin, TX by Erik Wofford
(assisted bt Alex Guzman)
Mixed by Erik Wofford
Mastered by Carl Saff, Chicago, IL
Artwork by Clemens S. Poole
All Songs Written by The Calm Blue Sea





オフィシャルHP
http://www.thecalmbluesea.com/

myspace(試聴)
http://www.myspace.com/thecalmbluesea

facebook
http://www.facebook.com/thecalmblueseaband

レーベル・アーティストページ Modern Outsider Records
http://modernoutsider.com/thecalmbluesea

試聴 Arrivals and Departures
https://itunes.apple.com/us/album/arrivals-and-departures/id560383959


youtube試聴 We Will Never Be As Young As We Are Tonight
http://youtu.be/ecErnXVRQDA


youtube試聴 Mary Ann Nichols
http://youtu.be/XBkfzN6RcvE


youtube試聴 Tesoro
http://youtu.be/QonLuEectZY


href="http://img-cdn.jg.jugem.jp/fc8/2504740/20121101_311935.jpg">


ポストロック comments(0) trackbacks(0) いちのすけ
1/1