Izo-dreams note

いちのすけの徒然ノート

フォーキー賛美歌

JUGEMテーマ:Indie Pop/Rock

 

 

The Last Dinosaur – The Nothing

2017

 

 

フォーキー賛美歌

 

 

英国ロンドンの

音楽プロジェクト

The Last Dinosaur 。

 

シンガーソングライターで

マルチ・プレーヤー Jamie Cameron は

音楽カレッジの親友 James Macdonald と共に

2004年に Since I Was a Little Girl名義で

「Good Morning Sunshine… and Goodnight」 を制作するが

James Macdonald は 不慮の交通事故により

悲劇的な死を遂げた。

 

その衝撃は

彼の音楽に多大な影響を及ぼしたという。

 

彼はその後 Luke Hayden と共に

プロジェクト The Last Dinosaur を始めた。

 

2010年に

デビューアルバム 「Hooray! For Happiness」

をリリース。

 

この作品は

エセックスで

マルチトラックレコーダーにより

ホーム・レコーディングされた。

 

 

本作は

2ndアルバム。

 

Luke Hayden

Rachel Lanskey と共に

録音されている。

 

愛と喪失、悲しさを見つめた

内省的なアルバムではあるが

ただの憂鬱な作品とはなっていない。

 

エレガントでセンチメンタル。

 

堪え難い切なさを

至高の愛に昇華するような

フォーキー賛美歌。

 

アコースティック主体の

サウンド・プロダクションと

繊細で美しいメロディ、

Jamie Cameron による

ウィスパリング・ヴォーカル。

 

アコースティック・ギター、ピアノに

様々な楽器が重なり合い

やさしく包み込むように響き

自然の情景のような

豊かな詩情を紡ぎだす。

 

 

Jamie Cameron - Voice, Violin, Saxophone, Piano, Percussion, Keyboards,

Glockenspiel, Electric Guitar, Acoustic Guitar, Banjo, Bass Guitar, Drums

Rachel Lanskey - Viola, Violin

Luke Hayden - Piano, Percussion, Acoustic Guitar, Keyboards

 

 

オフィシャルHP

http://www.thelastdinosaur.co.uk/

 

facebook

https://www.facebook.com/thelastdinosauruk/

 

bandcamp/The Nothing(試聴)

https://thelastdinosaur.bandcamp.com/album/the-nothing-2

 

soundcloud(試聴)

https://soundcloud.com/thelastdinosaur

 

試聴 The Nothing

https://itunes.apple.com/us/album/the-nothing/id1248284330

 

 

youtube試聴 Atoms

 

youtube試聴 All My Faith

 

youtube試聴 I Couldn't Wait

https://youtu.be/ucKEkY-OB9Q

 

 

 

 

 

インディフォーク comments(0) trackbacks(0) いちのすけ
ブリスベーンの風

JUGEMテーマ:Indie Pop/Rock

 

 

 

Angharad Drake – Ghost

2017

 

 

ブリスベーンの風

 

 

オーストラリア・ブリスベーンを拠点とする

女性シンガーソングライター

Angharad Drake 。

 

インディ・フォークの ニューカマー。

 

彼女は

両親のコレクションである

ジョニー・ミッチェル、レナード・コーエン、

ジェイムズ・テイラーらに夢中になり、

音楽的に大きな影響を受けながら

サンシャインコーストで育ち、

高校時代に自身の音楽を書き始めた。

Feist、Laura Marling や Bon Iver らに影響を受け、

大学時代に独自のスタイルを開発し、

2010年にセルフタイトルの

デビューEPを記録。

 

2013年に

EP「Lay Down」

2014年に

EP「Swing」 の

2枚のセルフ・プロデュースEPを

リリースしている。

 

 

本作は

デビュー・フルアルバム。

 

セルフリリース作品。

 

プロデュースは

彼女自身。

 

プロデューサー/エンジニアの

Samuel Joseph がサポート。

 

マスタリングは

Matthew Gray 。

 

全12曲43分。

 

愛と喪失をテーマに

自身のアイデンティティを見つめた

アルバムのようだ。

 

内省的なソングライティングと

スムーズなメロディによる

穏やかで柔らかな

フォーキー・ポップ。

 

親密にして、クール。

 

彼女のヴォーカルも気負いなく

とてもナチュラルで

心地よく響く。

 

 

Angharad Drake - lead vocals, guitar

Alexander Mitchell - Bass guitar

Declan Kenrick - Slide guitar

Alister Murray - Drums

 

'Baby' and 'Bullet' produced by Samuel Joseph.

Remaining tracks produced by Alexander Drake.

Mastered by Matthew Gray at Matthew Gray Mastering

 

 

オフィシャルHP

http://www.angharaddrake.com/

 

facebook

https://www.facebook.com/angharaddrake/

 

bandcamp/ghost (試聴)

https://angharaddrake.bandcamp.com/album/ghost

 

soundcloud (試聴)

https://soundcloud.com/angharaddrake

 

試聴 Ghost

https://itunes.apple.com/au/album/ghost/id1226012683

 


)

 

youtube試聴 Mountains

 

 

 

 

 

 

インディフォーク comments(0) trackbacks(0) いちのすけ
自然体で綴る牧歌

JUGEMテーマ:Indie Pop/Rock

 

 

 

Lou Rhodes – Theyesandeye

2016

 

 

自然体で綴る牧歌

 

 

アンディ・バーロウと組む

トリップホップ・デュオ lamb のメンバーで

英マンチェスター出身の女性アーティスト

Lou Rhodes(ルー・ローズ)。

 

現在は

ウィルトシャーの田園地方に

住んでいるようだ。

 

彼女は2006年に

デビューソロアルバム

「Beloved One」をセルフリリース。

 

2007年に

A&G Records/Infinite Bloomから

2ndソロアルバム「Bloom」をリリース。

 

2010年に

The Cinematic Orchestra 主宰のレーベル

Motion Audio Records から

3rdソロアルバム「One Good Thing」

をリリースしている。

 

 

本作は

4thソロアルバム。

 

レーベルは

Nude Records 。

 

プロデューサーは

彼女自身。

 

共同プロデューサーの

Simon Byrt は

ギター、ベース、ピアノ、シンセなどをプレイし

彼自身のコレクションの残響装置も

提供している。

 

ミキシングは

Noah Georgeson 。

 

ストリング・アレンジは

Danny Keane 。

 

ペダル・スティールで

Ian Kellet

ドラムスで Nikolaj Bjerre

ハープで Tom Moth が参加している。

 

気負いなく自然体で綴る

全11曲35分。

 

ナチュラルな

ソングライティング。

 

アコースティック・ギターの

弾き語りスタイルに

バロック風ストリングスやピアノなどを

さりげなく織り込んだ

シンプルなフォーキー・サウンド。

 

かすかな残響を添える

テープ・エコーなどの

ビンテージ・リヴァーブ。

 

彼女自身の声を重ねた

ハーモニー・レイヤー。

 

微妙にビブラートする

優しくも柔らかい

彼女のウィスパー・ヴォーカルは

とても素敵だ。

 

 

Lou Rhodes – vocals, acoustic guitar, co-producer

Simon Byrt - guitar, bass, piano and synths, co-producer

Ian Kellet - pedal steel

Nikolaj Bjerre - drums

Danny Keane - string arrangements

Tom Moth - harp

 

Mixing by Noah Georgeson

 

 

オフィシャルHP

http://lourhodes.com/

 

facebook

https://www.facebook.com/Officiallou/

 

Nude Records

http://nuderecordlabel.com/

 

試聴 Theyesandeye

https://itunes.apple.com/us/album/theyesandeye/id1101098095

 

 

youtube試聴 Angels

 

youtube試聴 Hope & Glory

 

youtube試聴 Never Forget

https://youtu.be/7t7FP4MzuqY

 

 

 

インディフォーク comments(0) trackbacks(0) いちのすけ
ダークメロウな毒
JUGEMテーマ:Indie Pop/Rock



Cross Record - Wabi-Sabi
2016


ダークメロウな毒


米国シカゴ出身で
テキサスを拠点にする
ローファイ・フォーク・デュオ
Cross Record 。

シンガーソングライターの
Emily Cross と
エンジニア、プロデューサーの
Dan Duszynski による夫婦デュオ。

2012年に
Lay Flat から
1st「Be Good」をリリース。


本作は2ndアルバム。

レーベルは
Ba Da Bing Records 。

プロデュースは
Emily Cross
Dan Duszynski のほか
ロサンゼルスのプロデューサー
Theo Karon が参加。

エンジニアは
Dan Duszynski と Theo Karon 。

ミキシングは
Dan Duszynski 。

マスタリングは
Saff Mastering を主宰する
シカゴのマスタリング・エンジニア
Carl Saff 。

オースティンに拠点を置く
ミュージシャン Thor Harris が
マリンバなどで参加。

2匹のサソリが睦み合うアートワークは
Emily Cross が手がけている。

甘く儚いメロディ。
Emily Cross による
ドリーミーな
ウィスパー・ヴォーカル。

アコースティックギターに
ノイジーなギター、パーカッション、
エレクトロ、エフェクト…

フォーキーかつ
サイケデリックな
ローファイ・サウンド。

ダークメロウな毒に
静かに犯される。


Emily Cross
Dan Duszynski
Choir [Ladies' Choir] – Anna Milk, Julia Lucille, Liz Baker (3), Sarah Duncan
Co-producer – Dan Duszynski
Cover – Emily Cross
Engineer – Dan Duszynski, Theo Karon
Marimba, Kalimba, Performer [Mysterious Black Box] – Thor Harris
Mastered By – Carl Saff
Mixed By – Dan Duszynski
Producer – Emily Cross, Theo Karon


オフィシャルHP
https://www.crossrecord.com/

facebook
https://www.facebook.com/crossrecordmusic/

bandcamp/Wabi-Sabi(試聴)
https://crossrecord.bandcamp.com/album/wabi-sabi

レーベル Ba Da Bing
http://www.badabingrecords.com/

試聴 Wabi-Sabi
https://itunes.apple.com/jp/album/wabi-sabi/id1048761541


youtube試聴 Steady Waves


youtube試聴 High Rise


youtube試聴 Wicked Game
https://youtu.be/PtBlwqBebog

youtube試聴 Basket
https://youtu.be/FYAfDBgaD14






 
インディフォーク comments(0) trackbacks(0) いちのすけ
自然体の姉妹フォーク



Lily & Madeleine – Keep It Together
2016



自然体の姉妹フォーク



米国インディアナ州
インディアナポリスに拠点を置く
女性フォーク・デュオ
Lily & Madeleine 。

Lily と Madeleine の
Jurkiewicz 姉妹による ユニット。

デビュー時 Lilyは16歳で
Madeleineは18歳。

2013年に
1stフルアルバム「Lily & Madeleine」を
Asthmatic Kitty Records から リリース。

2014年に
2ndフルアルバム「Fumes」を
Asthmatic Kitty Records から
リリースしている。


本作は
3rd フルアルバム。

レーベルは
New West Records 。

プロデュースは
Paul Mahern 。

姉妹ならではの
しなやかで美しい
息のあったヴォーカル&ハーモニー。

メランコリックなメロディと
ナチュラルなソングライティング。

二人が奏でる ギターとピアノ、シンセをベースに
バックミュージシャンがサポートする
シンプルながら とても効果的な
自然体のプロダクション。

ウィルソン・フィリップスら
60〜70年代ポップミュージックを思わせる
清涼感とエレガントさを備えた
とても素敵な歌モノだ。



Lily Jurkiewicz - Vocals, Guitar, Piano
Madeleine Jurkiewicz - Vocals, Piano, Synthesizer
Shannon Hayden – Cello, Mandolin, Synthesizer
Devon Ashley – Drums, Percussion
Kate Siefker – Drums, Percussion, Guitar, Bass
Jason Wilber – Guitar
Kenny Childers – Guitar, Bass
Jay Jones – Piano, Synthesizer

Producer – Paul Mahern



オフィシャルHP
http://lilandmad.com

facebook
https://www.facebook.com/pages/Lily-Madeleine/388036857941061

lastfm
http://www.lastfm.jp/music/Lily+&+Madeleine

bandcamp/The Weight of the Globe(試聴)
http://lilymadeleine.bandcamp.com/album/the-weight-of-the-globe

bandcamp/White Arc Session Acoustic EP 1(試聴)
http://lilymadeleine.bandcamp.com/album/white-arc-session-acoustic-ep-1

bandcamp/Lily & Madeleine(試聴)
http://lilymadeleine.bandcamp.com/album/lily-madeleine

レーベル New West Records
http://www.newwestrecords.com/

レーベル・アーティストページ Asthmatic Kitty Records
http://asthmatickitty.com/artists/lily-madeleine/

試聴 Keep It Together
https://itunes.apple.com/us/album/keep-it-together/id1062113857


youtube試聴 "Hotel Pool" [Official Video]


youtube試聴 "Hourglass" [Official Music Video]


youtube試聴 "For The Weak" [Official Music Video]
https://youtu.be/pkNp0pACXz8






 
インディフォーク comments(0) trackbacks(0) いちのすけ
日常の黄昏



Keaton Henson – 5 Years
2015



日常の黄昏



英国ロンドンの
フォーク・ミュージシャン、
ビジュアル・アーティスト&詩人、
Keaton Henson 。

彼は当初
イラストレーターとして
Dananananaykroyd の「Hey Everyone!」や
Enter Shikari の「Take to the Skies」を含む
多くのアーティストのアートワークを手がけていた。

親友に対するプレゼントとして記録した作品を
2010年に
彼自身のレーベル Oak Ten Records から
1st「Dear...」としてリリース。

2013年に
Oak Ten Records から
2nd「Birthdays」をリリース。

2014年に
Oak Ten Records から
チェロ奏者 Ren Ford をフューチャーした
3rd「Romantic Works featuring Ren Ford」
をリリース。

2015年に
サイドプロジェクト Behaving 名義による
エレクトロニック・アルバム
「Behaving (as Behaving)」をリリース。

デビュー詩集「Idiot Verse」も
リリースしている。

人前での演奏を苦手としていて
滅多にコンサートはおこなわない。

思慮深い詩と繊細なメロディを紡ぐ
ジェフ・バックリーやエリオット・スミス静脈の
新世代ソングライターの旗手として評価されている。


本作は
おそらく4thアルバム。

レーベルは
Oak Ten Records 。

チェロ奏者 Ren Ford を
2曲でフューチャー。

全8曲32分。

アコースティック・ギター、ピアノ主体の
アコースティック・スタイルの弾き語り。

つぶやくような
微妙に震える優しいヴォーカル。

インストゥルメンタル曲
「Softly」
「Stairwell」をはさみ
日常にある黄昏を紡ぎだす。

シンプルなプロダクションから
繊細な思慮深い表現で
丁寧に展開していく
とても美しい作品。



オフィシャルHP
http://www.keatonhenson.com

facebook/fan page
https://www.facebook.com/keatonhensonfans/

last.fm
http://www.last.fm/music/Keaton+Henson

soundcloud(試聴)
https://www.soundcloud.com/keatonhensondear

レーベル Oak Ten Records
http://www.last.fm/label/Oak+Ten+Records


youtube試聴 5 years- out now


youtube試聴 If I'm To Die - CARDINAL SESSIONS


youtube試聴 Small Hands - CARDINAL SESSIONS
https://youtu.be/nyYQQR_RGr8

youtube試聴 Dear (full album)
https://youtu.be/9kZiXReIp2c

youtube試聴 Birthdays - deluxe edition (full album)
https://youtu.be/rvJtrbj589c

youtube試聴 Romantic Works (Full Album) (1080p)
https://youtu.be/Ln3BmBHAJ-c

youtube試聴 Behaving (Full Album 2015)
https://youtu.be/cJGWxtM64cg







 
インディフォーク comments(0) trackbacks(0) いちのすけ
憂いの月
JUGEMテーマ:Indie Pop/Rock



Hanging Up The Moon - Immaterial 
2015




憂いの月




シンガポールのシンガーソングライター
Sean Lam のソロ・プロジェクト
Hanging Up The Moon 。

1994年に結成され
シンガポールのインディシーンで活動した
インディロックバンド
Concave Scream の元メンバーである
Sean Lam が始めたアコースティック・プロジェクト。

2011年に
ホームレコーディング作品
1st「self titled debut」でデビュー。

2013年に
2nd「The Biggest Lie In The World」
を aspidistrafly が主宰する
シンガポールのインディレーベル
Kitchen からリリース。


本作は
3rd アルバム。

レーベルは
Kitchen 。

マスタリングは
Plotkinworks を主宰する
米国ニュージャージーのメタル系ギタリストで
プロデューサー、エンジニア
James Plotkin 。

コラボレーターとして
友人である
エクスペリメンタル・フォークプロジェクト Piblokto の
Alexius Cai
インディロックバンド Concave Scream の
Dean Aziz
サイケフォークバンド The Observatoryの
Leslie Low
ギタープロジェクト Affixen の
Victor Low らが参加。

Karen Lee と Zhong Ren を中心とする
ストリングスがサポートしている。

何層にも重ねられたギターと
繊細なヴォーカル&ハーモニー。

ナイーブな歌ごころ。

フォーキー・メロウなサウンド。

LOW やギャラクシー500、
Red House Painters らを思わせる
シンプルで儚く美しい
アコースティック・アンサンブル。

センシティブなソングライティングから
グレイッシュな世界が広がる
素晴らしい仕上がりだ。




Sean Lam 

Collaborators - 
Alexius Cai(Piblokto)
Dean Aziz (Concave Scream)
Leslie Low(The Observatory)
Victor Low (Affixen)

six-piece string section headed by Karen Lee and Zhong Ren
Mastered by James Plotkin





オフィシャルHP
http://www.hangingupthemoon.com/

facebook
https://www.facebook.com/hangingupthemoon

last.fm
http://www.last.fm/ja/music/Hanging+Up+The+Moon

レーベル・アーティストページ Kitchen 
http://www.kitchen-label.com/artists/hanging-up-the-moon/

bandcamp(試聴)
https://hangingupthemoon.bandcamp.com/

soundcloud(試聴)
https://soundcloud.com/hanging-up-the-moon

試聴 Immaterial
https://itunes.apple.com/sg/album/immaterial/id997814928


youtube試聴 The Divers


youtube試聴 Brave New World


youtube試聴 Tiny Movements
https://youtu.be/9eruIaeNh28

youtube試聴 Hanging Up The Moon feat. Leslie Low - Water Under The Bridge (Snakeweed Sessions)
https://youtu.be/uVOn_JXo2Jw

youtube試聴 Hanging Up The Moon feat. Leslie Low - An Honest Day's Work (Snakeweed Sessions)
https://youtu.be/59Jx8WI-N2U






 
インディフォーク comments(0) trackbacks(0) いちのすけ
孤独の朝に
JUGEMテーマ:Indie Pop/Rock




The Last Morning Soundtrack - Promises of Pale Nights
2015



孤独の朝に



フランス・ブルターニュ地方レンヌ出身の
シンガーソングライター
マルチプレーヤー
プロデューサーの
Sylvain Texier によるプロジェクト
The Last Morning Soundtrack 。

彼は2007年に
歌を書き録音する
インディ・プロジェクトを始め
bandcamp を通じて作品をリリースしている。

2010年
シングル「Your Escape. My Guiltiness.」で
デビュー。

2011年
1st「A Distance. A Lack.」を
リリース。

2013年
EP「Ghosts」をリリース。


本作は
2ndアルバム。

レーベルは
Rival Colonia 。

ミキシングは 
Damien Tillaut 。
 
マスタリングは 
Remi Salvador 。

共同ストリングス・アレンジに
チェリストの Juliette Divry 。

プログラミングは
Benjamin Le Baron 。

彼自身が撮影した
水面が揺れる
さざ波の写真のアートワーク。

甘く切ないメロディ。

ナイーブなヴォーカル。

アコースティック・ギター、ピアノを主体に
ベース、ドラムス、パーカッション、
グロッケンシュピール、
ストリングスなどを織り込む
シンプルなプロダクション。

センチメンタルで
エレガント。

脆く儚い
ノスタルジア。

人知れず佇む景色の
サウンドトラック。

穏やかで優しく
哀愁に包まれる
繊細な水彩画のような
静観のフォーク・ミュージックを
展開していく。





Composed, written and produced by Sylvain Texier. 
Strings arrangements by Juliette Divry & Sylvain Texier. 

Recorded at home during summer days '14 by Sylvain Texier & Damien Tillaut. 
Except drums recorded by JB Deucher at Microbes Studios, Paris. 

Mixed by Damien Tillaut. 
Mastered by Remi Salvador at Climax Mastering, Paris. 

Front photograph by Sylvain Texier. 
Inside photograph by Titouan Massé. 
Artwork by Laurent Guillet. 

Performed by 
Guitars, Piano, Keyboards, Bass, Drums, Percussions, Glockenspiel, Vocals - Sylvain Texier 
Cello - Juliette Divry 
Viola - Charlotte Ferron 
Violin - Lucie Menier 
Trumpet - Clément Lemenicier 
Trombone - Samuel Chapelain 
Choirs - Vincent Roux, Damien Tillaut, Astrid Radigue, Thomas Bloyet, Nathanne Le Corre, Julien Le Tiec, William Josh Beck, Samuel Chapelain. 
Programming - Benjamin Le Baron 





オフィシャルHP
http://www.thelastmorningsoundtrack.com/

facebook
https://www.facebook.com/The-last-morning-soundtrack

bandcamp(試聴)
https://thelastmorningsoundtrack.bandcamp.com/

soundcloud(試聴)
https://soundcloud.com/thelastmorningsoundtrack

レーベル Rival Colonia
http://www.rivalcolonia.com/

試聴 Promises of Pale Nights
https://itunes.apple.com/jp/album/promises-of-pale-nights/id1026892647


youtube試聴 Your Tomorrows [Official Video]


youtube試聴 As Lonely As I Am


youtube試聴 "Echoes Of Our Days " pour Strasbourg Acoustik
https://youtu.be/duF0ffjSs9w







 
インディフォーク comments(0) trackbacks(0) いちのすけ
羽毛のゆくえ



Max & Laura Braun / Highwire Haywire
2015



羽毛のゆくえ



ドイツ出身の
Max と Laura の
Braun兄妹によるフォーク・ユニット
Max & Laura Braun 。

二人は別々の道へと進み
10代に一緒に音楽を制作し
Laura は
小さな出版社の編集者&カメラマンとして働きながら
美術を学ぶためにロンドンに移り
Max は
ドイツに留まり
シアターのための音楽を手がけ
自身のスタジオでプロデューサーとして働いた。

10年のブレイクを経て
二人は再びコラボレーションを復活。
2008年に活動を再開した。

2010年に
Marzipan Records から
1st「The Dorset Songs」を
リリース。


本作は
2ndアルバム。

レーベルは
Marzipan Records 。

アコースティック・ギターの
フィンガーピッキングに
ベース、ドラムス&パーカッション、
バンジョー、ペダルスチール、
ビブラホンなどを添えた
シンプルなプロダクション。

やわらかく優美な
Laura のヴォーカル。

Max との
さりげないハーモニー。

メランコリックなメロディ。

穏やかでエレガントな
豊かな静けさの
静観のアコースティック。

落ち着いた
美しい時間が過ぎていく。




Max Braun - Guitar and Vocals
Laura Braun - Vocals

Fabian Wendt - Bass
Daniel Otto Kartmann - Drums
Joachim Ambros - Pedal Steel, Guitar




オフィシャルHP
http://www.maxandlaurabraun.com/

facebook
https://www.facebook.com/maxandlaurabraun

soundcloud(試聴)
https://soundcloud.com/maxandlaurabraun

試聴 Highwire Haywire
https://itunes.apple.com/jp/album/highwire-haywire-bonus-version/id963176375


youtube試聴 While I'm Asleep


youtube試聴 Plea


youtube試聴 Highwire Haywire (Marzipan Records) [Full Album]
https://youtu.be/tSBfc5kXEsU





 
インディフォーク comments(0) trackbacks(0) いちのすけ
憂いの夜明け



Marika Hackman / We Slept at Last
2014



憂いの夜明け



英国ハンプシャー出身で
ロンドンを拠点とする
女性シンガーソングライター
マルチ・プレーヤー
Marika Hackman 。

彼女は
ハンプシャーで生まれ
セルボーンで育った。

5歳で歌を書き始め
12歳にはギターを独学でマスター。

兄は
Hackman 名義で活動する
ダンス音楽プロデューサー。

11〜17歳の間に
シンガーソングライター
Laura Marling の友人で
バーバリーのモデル
Cara Delevingne をサポートして
兄とともにバンドを結成。

18歳のときに
ブライトンに引っ越し
ファインアートを学び、学位をとるつもりだったが
フルタイムの音楽活動の方を選択した。

2012年に
Warpaint, Nirvana, Nico, 
The Knife や Dusty Springfield らをカバーした
フリーダウンロードによる
カバー・ミニアルバム「Free Covers」を発表。

シンガーソングライターの
Johnny Flynn のプロデュースで
1stシングル「You Come Down」
をリリース。

バーバリーの広告キャンペーンに
ニューフェイスとして出演し
彼女の歌である
「You Come Down」と
「Here I Lie」が採用された。

2013年に
1stミニアルバム
「That Iron Taste」
をDirty Hit からリリース。

同年、
Laura Marling の
オーストラリア、ヨーロッパ・ツアーの
オープニング・アクトをつとめた。

その後、2枚のEP
「Sugar Blind」
「Deaf Heat」をリリース。


本作は
デビュー・フルアルバム。

レーベルは
Dirty Hit 。

プロデューサーは
彼女の長年のコラボレーター
Charlie Andrew 。

彼女は
ソングライティング
ヴォーカルのほか
ギター、ベース、ドラムス、ピアノなど
ほとんどの楽器を手がける。

独特の憂いと哀愁に満ちた
イングリッシュ・フォーク・スタイル。

メランコリックなメロディと
アコースティック・プロダクション。

しっとりと聞かせる
ウィスパー・ヴォーカル。

夜明け前が似合いそうな
ニアダークでクールな
静かな歌を丁寧に綴っている。



Marika Hackman - vocals, guitar, bass, drums, piano

producer - Charlie Andrew



オフィシャルHP
http://marikahackman.com/

facebook
https://www.facebook.com/MarikaHackman

soundcloud(試聴)
https://soundcloud.com/marika-hackman

レーベル Dirty Hit
http://www.dirtyhit.co.uk/news/marika-hackman-announces-debut-album-we-slept-at-last/

試聴 We Slept at Last
https://itunes.apple.com/us/album/we-slept-at-last/id929703934


youtube試聴 Skin


youtube試聴 Claude's Girl


youtube試聴 Open Wide
http://youtu.be/wNjcjJC7GmI

youtube試聴 Before I Sleep
http://youtu.be/On8ZtIQkaIQ





 
続きを読む >>
インディフォーク comments(0) trackbacks(0) いちのすけ
1/4 >>