Izo-dreams note

いちのすけの徒然ノート

静けさのなかで

JUGEMテーマ:Indie Pop/Rock

 

Come On Live Long – In The Still

2017

 

 

静けさのなかで

 

 

アイルランド・ダブリンを拠点とする

オルタナティブ・ロックバンド

Come On Live Long 。

 

バンド名は

モグワイのアルバム

「Come On, Die Young」に

インスパイアされてつけたようだ。

 

2011年に

EP「Mender」をセルフリリース。

 

2013年に

1st「Everything Fall」を

セルフリリース。

 

この作品は

spotify で500万以上試聴されている。

 

 

本作は

2ndフルアルバム。

 

セルフリリース作品。

 

プロデュースは

バンドのベーシスト

Ken McCabe 。

 

それぞれ別のプロジェクトを持つ4人が

レコーディングのために集結。

 

ソングライティングは

バンドが共同でおこない

約2年間をかけて完成させた。

 

ロック、ジャズ、R&B、フォーク、

エレクトロニカなどの多様な要素をブレンドした

シネマティックかつエモーショナルな世界を

クリエイト。

 

キーボーディスト Louise Gaffney と

ギタリスト Robert Ardiff の

ソロおよびデュオによる

男女ヴォーカルの妙。

 

Louise Gaffney の

ウィスパー・ヴォイスと

Robert Ardiff の

ファルセット・ヴォイス。

 

静かで深く

穏やかで情感豊か。

 

ときにソウルフル。

 

ギター、ベース、ドラムスに

シンセ、キーボード、エレクトロ、

ストリングスなどをさりげなく配した

緻密でスタイリッシュなプロダクションも秀逸。

 

全10曲38分。

 

レーベルに所属せず

インディペンデントな活動に徹する

素晴らしいアーティストだ。

 

 

 

Come On Live Long are:

Louise Gaffney: Keys and Vocals

Daithi O'Connor: Guitar and Vocals

Ken McCabe: Bass, Synthesizers, Vocals

Robert Ardiff: Guitar and Vocals

 

Additional Musicians

Paul Kenny: Drums and Percussion

Tadgh Byrne: Violin

Matt Rafter - cello  

Bill Blackmore - flugelhorn, trombone  

Michael Maguire - accordion

Wesley College Senior Choir

Fiadh Eddison - Soprano soloist

Tiarnán Shortt - Tenor soloist

Rian Trench - Recording engineer

Antimo Puca - Recording Engineer

Dessie Brosnan - Recording Engineer

Eoin Whitfield - Recording Engineer

 

Produced by Ken McCabe

 

 

 

オフィシャルHP

http://comeonlivelong.com

 

myspace

https://myspace.com/comeonlivelong

 

facebook

https://www.facebook.com/comeonlivelongband/

 

bandcamp/In The Still(試聴)

https://comeonlivelong.bandcamp.com/album/in-the-still

 

soundcloud(試聴)

https://soundcloud.com/comeonlivelong

 

 

youtube試聴 Trough

 

youtube試聴 In The Still (Official Video)

 

youtube試聴 Sum Of Its Parts

https://youtu.be/b0PJldTB4SI

 

youtube試聴 Little Ones (Official Video)

https://youtu.be/sPWr1x_9-PU

 

 

 

 

 

インディロック comments(0) trackbacks(0) いちのすけ
ニア・ダークな夢想家

JUGEMテーマ:Indie Pop/Rock

 

 

Thunder Dreamer – Capture

2017

 

 

ニア・ダークな夢想家

 

 

米国インディアナ州エバンズビルの

4人組インディロックバンド

Thunder Dreamer 。

 

シンガーソングライターで

ギタリストの

Steven Hamilton を中心に結成された。

 

2013年に

「Thunder Dreamer EP」でデビュー。

 

2014年に

Winspear Records から

1st「Lonesome Morning」を

リリースしている。

 

 

本作は

2ndアルバム。

 

レーベルは

6131 Records 。

 

録音は

ブルーミントンのレコーディング・スタジオ

Russian Recording を主宰する

Mike Bridavsky 。

 

マスタリングは

Pedro the Lion や Headphones,

The Soft Drugs などで活動した

ミュージシャンで

マスタリング・エンジニア

T.W. Walsh 。

 

アートワークは

PIXIES, Explosions In The Sky を手がけた

グラフィックデザイン・スタジオ

Melodic Virtue を主宰する

Aaron Tanner 。

 

全8曲43分。

 

ニア・ダークなムードと

センチメンタリズム。

 

ムーディで

ロマンティックなサウンドと

繊細な曲作り。

 

ギター・アルペジオ、

リフから展開する

すり傷のような哀感。

 

シンプルながら

歌ごころが印象的な好作品だ。

 

 

Steven Hamilton (vocals, guitar)

Corey Greenfield (drums)

Alex Wallwork (bass)

Zach Zint (piano, keyboard)

 

Recorded by Mike Bridavsky at Russian Recording in Bloomington, IN

Mastered by T.W. Walsh

Art direction and design by Aaron Tanner

 

 

オフィシャルHP

https://thunderdreamerband.com/

 

facebook

https://www.facebook.com/thunderdreamerband/

 

bandcamp/Capture(試聴)

https://thunderdreamer.bandcamp.com/album/capture-2

 

レーベル 6131 Records

http://6131records.com

 

youtube試聴 "Capture" (Official Audio)

 

youtube試聴 "You Know Me" (Official Audio)

 

youtube試聴 "Living Like The Rest" (Official Audio)

https://youtu.be/rFZtr-AT1YY

 

 

 

 

 

インディロック comments(0) trackbacks(0) いちのすけ
レトロでモダンな宝石

JUGEMテーマ:Indie Pop/Rock

 

 

 

Nightlands – I Can Feel The Night Around Me

2017

 

 

レトロでモダンな宝石

 

 

米国フィラデルフィアの

インディ・ロック・バンド

War on Drugsのベーシストで

シンガーソングライター

David Hartley によるプロジェクト

Nightlands 。

 

2010年に

1st「Forget the Mantra」

2013年に

2nd「Oak Island」を

Secretly Canadian から リリース。

 

 

本作は

3rd アルバム。

 

レーベルは

Western Vinyl 。

 

彼自身が

プロデュース、エンジニア、

ソングライティング、

ヴォーカル、ギターを手がける。

 

ミキシングは

Jonathan Low と Nick Krill 。

 

そのアートワークから

アンビエントやポストロックをイメージするが

想像を超えたサウンドが展開する。

 

60年代ソフトロックやAOR イメージの

ノスタルジックな

レトロフューチャー・ポップ。

 

ムーディなサウンド・プロダクション。

 

ビタースイートなメロディに

美しく重なるヴォーカル&ハーモニー。

 

ジミー・ウェッブ、ディオン、

ビーチボーイズ、フィル・スペクターらをリスペクトし

彼らに大きな影響を受けながら

彼自身の極私的な世界をクリエイトする

素晴らしい作品。

 

レトロでモダンな

その才能とセンスに脱帽だ。

 

 

David Hartley - vocals and guitar

Anthony LaMarca (The War On Drugs, Dean & Britta) - drums

Eliza Hardy Jones (Strand of Oaks, Grace Potter and the Nocturnals) - keys and vocals

Jesse Hale Moore - keys and vocals

Scott Churchman (Chubby Checker) - bass

 

Engineer, Producer – David Hartley

Engineer [Additional] – Jonathan Low, Nick Krill, Zach Goldstein

Mixed By – Jonathan Low (tracks: 1, 2, 4, 6, 8, 9),

Nick Krill (tracks: 3, 5, 7)

Written-By – David Hartley (tracks: 1 to 7, 9),

Frank Locrasto (tracks: 7), Gerry Goffin (tracks: 8),

Phil Spector (tracks: 8)

Cover – Daniel Murphy

 

 

 

facebook

https://www.facebook.com/Nightlands/

 

bandcamp/Nightlands – I Can Feel The Night Around Me(試聴)

https://nightlands.bandcamp.com/

 

レーベル Western Vinyl

http://westernvinyl.com/

 

試聴 I Can Feel The Night Around Me

https://itunes.apple.com/us/album/i-can-feel-the-night-around-me/id1205651078

 

 

youtube試聴 "Lost Moon"

 

 

youtube試聴 "You're Silver" [HD]

 

 

 

 

インディロック comments(0) trackbacks(0) いちのすけ
10年ぶりの至福

JUGEMテーマ:Indie Pop/Rock

 

 

The Early Years – II

2016

 

 

10年ぶりの至福

 

 

英国ロンドンに拠点を置く

インディロックバンド

The Early Years 。

 

Can や Neu! といった

クラウトロックへの愛情を共有する

メンバーによって 2004年に結成。

 

2006年に

Beggars Banquet から

1st「The Early Years」 でデビュー。

 

 

本作は

実に十年ぶりの2ndアルバム。

 

レーベルは

ロンドンに拠点を置く

Sonic Cathedral Recordings 。

 

ミキシングは

Deerhunter を手がけた

Jason Kingsland 。

 

マスタリングは

Mogwai や New Order を手がけた

Frank Arkwright 。

 

グレーのベースに

白と黒の縦2本のラインが

セカンドを表すシンプルなアートワーク。

 

フリージャズ、クラウトロック、サイケ、

プログレッシブロック、オルタナ、ミニマル、

エレクトロニカ、シューゲイズなどの要素がミックスされた

エクスペリメンタルなロック・サウンド。

 

クラウトロックに影響を受けた

ハンマービートをベースに

スペーシーなシンセ、うねるエレクトロ、

ノイジーなギター、ノイズなどを重ねた

サイケデリックで スケール感のあるサウンドは

基本的には10年前と変わってはいない。

 

美しいメロディと

気だるくクールなヴォーカル。

 

多彩なサウンドメイクが光る

全10曲55分の至福。

 

 

David Malkinson (vocals/guitar)

Roger Mackin (guitar)

Phil Raines (drums)

Brendan Kersey (bass)

 

mastered at Abbey Road Studios by Frank Arkwright (Mogwai, New Order)

mixed in Atlanta, Georgia by Jason Kingsland (Deerhunter)

 

 

オフィシャルHP

http://theearlyyearsband.tumblr.com

 

facebook

https://www.facebook.com/earlyyearsband/

 

レーベル Sonic Cathedral Recordings

http://www.soniccathedral.co.uk/

 

Sonic Cathedral Recordings/soundcloud(試聴)

https://soundcloud.com/sonic-cathedral/tey-nocturne

 

試聴 II

https://itunes.apple.com/us/album/ii/id1126767261

 

 

youtube試聴 Nocturne

 

youtube試聴 So Far Gone

 

youtube試聴 All Ones And Zeros

https://youtu.be/lWT7LqiMatk

 

 

 

 

 

 

インディロック comments(0) trackbacks(0) いちのすけ
ひそやかな凱旋

JUGEMテーマ:Indie Pop/Rock

 

My Vitriol – The Secret Sessions

2016

 

 

ひそやかな凱旋

 

 

英国ロンドンを拠点とする

オルタナティブ・ロック・バンド

My Vitriol 。

 

1999年に

ドラマーのRavi Kesavaram と

ヴォーカリストでギターの

Som Wardner を中心として結成。

 

デモEP「Delusions Of Grandeur」を制作し

数枚のシングルをリリースした後

2001年に

1stフルアルバム「Finelines」を

Infectious Records からリリース。

 

2002年には

1stにBサイドやレアトラックを加えた

ダブル・アルバム 「Betweenthelines」をリリース。

 

 

本作は

15年ぶりの2ndフルアルバム。

 

pledge music を通じた

クラウドファンディングによる

セルフリリース。

 

共同プロデューサー・ミキシングは

中心メンバーの Ravi Kesavaram と Som Wardner 。

 

基本的な曲作りや

サウンド・スタイルは以前と変わらない。

 

甘いメロディと

絡み付くようにシャウトする

少しクセのある Som Wardner のヴォーカル。

 

ラウドかつノイジーなギターが

ダイナミックなリフと

メロディアスなフレーズを奏でる。

 

目新しさはないが

気負いなく書かれた

2、3のバラード・ナンバーが

とても良い。

 

タイトルは「The Secret Sessions」ながら

デモ・コレクションやレア・トラック集ではない

オリジナル作品である事が嬉しい。

 

 

 

Drums, Synth [Additional Synth], Producer [Additional Production],

Mixed By [Additional Mixing], Edited By [Additional Editing] – Ravi Kesavaram

Vocals, Guitar, Piano, Synth, Bass, Lyrics By, Music By, Producer,

Mixed By, Engineer [Additional Engineering], Edited By [Additional Editing], Artwork By – Som Wardner

Engineer [Additional Engineer] – Marie-Anne Cavache, Sam Egglenton

Engineer, Mixed By [Additional Mixing] – Davide M. Venco

Mixed By [Additional Mixing] – Paul Hicks

Producer [Additional Production], Mixed By [Additional Mixing] – James Loughrey

Artwork By – Craig Gentle

 

 

 

オフィシャルHP

http://my-vitriol.com/

 

facebook

https://www.facebook.com/myvitriol/

 

last.fm

http://www.last.fm/music/My+Vitriol

 

Som Wardner/soundcloud(試聴)

https://soundcloud.com/somwardner

 

pledge music

http://www.pledgemusic.com/projects/myvitriol

 

 

youtube試聴 It's So Damn Easy (2016, The Secret Sessions)

 

youtube試聴 Rest Your Tired Head (unmastered) (2016, The Secret Sessions)

 

youtube試聴 If Only... (God Only Knows) (2016, The Secret Sessions)

 

youtube試聴 Nightcall

https://youtu.be/sttmdXu_AbM

 

 

 

 

 

インディロック comments(0) trackbacks(0) いちのすけ
USインディの良心

 

 

Fawnn – Ultimate Oceans

2016

 

 

USインディの良心

 

 

米国ミシガン州の

ドリームロック・バンド Fawnn 。

 

パワーポップトリオ Kiddo や

アヴァンパンクバンド  Child Bite のメンバー

Christian Doble

デトロイトのロックバンド

the Nice Device and the Von Bondies のメンバー

Alicia Gbur

Frenchkiss Records の

Thunderbirds are Now! のメンバー

Matt Rickle Those

Transatlantics のメンバー

Mike Spence による 四人組として結成。

 

2012年に

Quite Scientific Records から

1st「Coastlines」でデビュー。

 

 

本作は

2ndアルバム。

 

レーベルは

Quite Scientific Records 。

 

4曲のリミックス曲を含む

全15曲57分。

 

LP盤は限定500。

 

キャッチーなメロディライン。

 

エモーショナルな女性ヴォーカル

Alicia Gbur と

メロウでジェントリーな男性ヴォーカル

Christian Doble による

男女リード・ヴォーカルの競演。

 

重なり合う

ノイジーかつドリーミーなギター。

 

ソリッドに刻むリフ。

 

ダイナミックなベース&ドラムス。

 

パワーポップ、インディロック、

シューゲイズ、 ドリームポップ等の要素を持つ

良質USインディロックが

小気味良く響く。

 

 

 

Alicia Gbur – Vocals, Bass, Guitar

Christian Doble – Vocals, Guitar, Bass

Matt Rickle – Drums

Michael Spence – Guitar

 

Recorded By – Mike Bridavsky

remixes by Zach Shipps (Electric Six, Ladytron, Belle Ghoul, Midnight Juggernauts)

 

 

 

オフィシャルHP

http://wearefawnn.com/

 

facebook

https://www.facebook.com/wearefawnn/

 

bandcamp/Ultimate Oceans(試聴)

https://fawnn.bandcamp.com/album/ultimate-oceans

 

soundcloud(試聴)

https://soundcloud.com/wearefawnn

 

レーベル Quite Scientific Records

http://www.quitescientific.com/

 

試聴 Ultimate Oceans

https://itunes.apple.com/us/album/ultimate-oceans/id1108177777

 

 

youtube試聴 Pixel Fire

 

 

 

 

インディロック comments(0) trackbacks(0) いちのすけ
親密なメロディ

 


The Amazing – Ambulance

2016

 

 

親密なメロディ

 

 

スウェーデンのサイケバンド

Dungen のフロントマン Reine Fiske と

インディポップバンド Granada の

シンガーソングライター Christoffer Gunrup が率いる

インディ・ロックバンド The Amazing 。

 

2009年に

1st「The Amazing」 でデビュー。

 

2010年に

ミニ・アルバム「Wait For A Light To Come」

をリリース。

 

2011年に

2nd「Gentle Stream」を

Subliminal Sounds からリリース。

 

2015年に

3rd「Picture You」を

Partisan Records からリリースした。

 

 

本作は

4thアルバム。

 

レーベルは

ニューヨーク・ブルックリンの

インディ・レーベル

Partisan Records 。

 

ミキシング・マスタリングは

Mattias Glava 。

 

ノイジーかつエモーショナルな

ギターにシンセ。

ギターのフレージングは

とても印象的。

 

ナチュラルかつ

よく練られたソングライティング。

 

繊細なヴォーカル・ハーモニー。

 

ミッドテンポで展開する

フォーキーな

インディロック・スタイル。

 

美しく心地よい

メランコリア。

 

エレガントな

極上の歌を綴る

美メロ歌モノの好作品。

 

 

Reine Fiske – Guitar

Christoffer Gunrup – Vocals, Guitar

Fredrik Swahn – Guitar,

Keys Alexis Benson – Bass

Moussa Fadera – Drums

 

Recorded At – Buller & Bång Records

Mixed At – Kungsten Studios

Cover, Sleeve – Frank Machalowski

Design – Donovan Brien

Mixed By, Mastered By – Mattias Glavå

 

 

 

オフィシャルHP

http://www.theamazing.se/

 

facebook

https://www.facebook.com/theamazing.swe/

 

レーベル・アーティストページ Partisan Records

http://www.partisanrecords.com/artists/the-amazing/

 

soundcloud/Partisan Records/The Amazing – Ambulance (試聴)

https://soundcloud.com/partisan-records/the-amazing-ambulance

 

試聴 Ambulance

https://itunes.apple.com/us/album/ambulance/id1113151906

 

 

youtube試聴 Ambulance

 

youtube試聴 Safe Island

 

youtube試聴 Picture You (Official Video)

https://youtu.be/iNhFQWvF1TE

 

 

 

 

 

 

インディロック comments(0) trackbacks(0) いちのすけ
静けさの闇
JUGEMテーマ:Indie Pop/Rock




Overlake / Sighs
2014



静けさの闇



米国ニュージャージー州
ジャージーシティの
インディ・トリオバンド
Overlake 。

2012年に
ギター、ヴォーカルの
Tom Barrett と
ベース、ヴォーカルの
Lysa Opfer によって結成され
ドラマー Scotty Imp を加えた
トリオ・バンドとして活動する。

80年代後半から90年代前半の
My Bloody Valentine、Ride らの
シューゲイザー、
Sonic Youth、Dinosaur Jr. Pavement らの
オルタナ、ローファイバンドに
共通の愛情を持ち
大きな影響を受けているようだ。


本作は
デビュー・アルバム。

レーベルは 
Killing Horse Records 。

ノイジーなギター、
脈打つベース、
タイトなドラムス。

空想的な甘いメロディ。

空間をたゆたう
男女ヴォーカル。

全9曲37分。

静けさの闇から立ち上がる
ダウンテンポ&ミディアムテンポの至福。



Tom Barrett - Guitar/Vocals
Lysa Opfer - Bass/Vocals
Scotty Imp - Drums




オフィシャルHP
http://www.overlakemusic.com/

facebook
https://www.facebook.com/overlakemusic

bandcamp(試聴)
http://overlake.bandcamp.com/

soundcloud(試聴)
https://soundcloud.com/overlake

レーベル Killing Horse Records
http://killinghorserecords.com/store/overlake-sighs/


youtube試聴 Our Sky


youtube試聴 We'll Never Sleep


youtube試聴 New York Sessions Episode 9
http://youtu.be/mOPCbv7D_eQ






 
続きを読む >>
インディロック comments(0) trackbacks(0) いちのすけ
草原のベッドルーム



The Hobbes Fanclub / Up at Lagrange
2014



草原のベッドルーム



英国ブラッドフォード出身の
インディロックトリオ
The Hobbes Fanclub 。

2008年に
シンガーソングライター
Leon Carrollのソロ・プロジェクトとして始まり
のちに
ベース、ヴォーカルの Louise Phelan 、
ドラムスの Adam Theakston を加えた
トリオ・バンドとなった。

2012年に
Shelflife から
7インチシングル「Your Doubting Heart」
でデビュー。


本作は
デビュー・アルバム。

レーベルは
米国の名門インディレーベル
Shelflife Records 。

プロデュース、ミキシングは
Leon Carroll 。

マスタリングは
Tears Run Rings 、
The Pains of Being Pure at Heart 、
Black Tambourine や
The Hepburns らを手がけた
マスタリング・エンジニア
Jon Chalkin 。

少々稚拙なアートワークからは
ちょっと想像できない
良質なインディポップ作品だ。

瑞々しく青いメロディ。

ナイーブなヴォーカル&男女コーラス。

伸びやかで
ジャングリーなギターワーク。

爽快感と浮遊感のある
ディストーション&
フィードバック・ノイズ。

そのバンド名から想像できるように
Teenage Fanclub に
大きく影響を受けていると思われる。

Factory や
Sarah Records などに影響を受けた
爽やかな風のようなサウンドが
詰まっている。





Leon Carroll - vocals, guitar
Louise Phelan - bass, vocals
Adam Theakston - drums

All songs by Leon Carroll
except Why Should You Tell The Truth? by Leon Carroll and Louise Phelan;
and Run Into The Sea and Sometimes by Leon Carroll and Adam Theakston.
All words by Leon Carroll.
Produced and mixed by Leon Carroll.
Mastered by Jon Chalkin.
Sleeve Design by Andy Hart.
Photos by Ian Watson.





オフィシャルHP
http://hobbesfanclub.tumblr.com/

myspace
http://www.myspace.com/thehobbesfanclub

facebook
https://www.facebook.com/pages/the-hobbes-fanclub/111353108889123

lastfm
http://www.lastfm.jp/music/The+Hobbes+Fanclub

bandcamp(試聴)
http://thehobbesfanclub.bandcamp.com

レーベル・アーティストページ Shelflife Records
http://www.shelflife.com/catalogue/LIFE110.html


youtube試聴 Stay Gold
http://youtu.be/w3z_DSjO5eM


youtube試聴 Your Doubting Heart
http://youtu.be/qLXNsgtfwX0?list=PL537WA4UzuGwuVS0h7O22xI-UEqIvrSr1


youtube試聴 Outside Myself
http://youtu.be/CU_EM9coTdQ?list=PL537WA4UzuGwuVS0h7O22xI-UEqIvrSr1

youtube試聴 The Boy From Outer Space
http://youtu.be/yyTnoTEIgTM?list=PL537WA4UzuGwuVS0h7O22xI-UEqIvrSr1






インディロック comments(0) trackbacks(0) いちのすけ
ハニーの血族



Honeyblood - Honeyblood
2014



ハニーの血族



スコットランド・グラスゴーの
インディロック・ガールズデュオ
Honeyblood 。

ヴォーカル・ギターの
Stina Tweeddale と
ヴォーカル・ドラムスの
Shona McVicar により
2012年に結成。

EP「Thrift Shop」で
デビュー。


本作は
デビュー・フルアルバム。

レーベルは
FatCat Records 。

ギターとドラムスという
最小ユニットで
The Breeders
PJ Harvey
The Throwing Muses
the Jesus and Mary Chain らを影響に挙げる
ローファイ・インディ、ガレージ・ポップを
展開する。

ノイジーなギター・リフと
力強いドラムス。

デュオによる
パンキッシュでファニーな
ヴォーカル&ハーモニー。

ビタースイートなメロディを操り出し
豊かなポップフックを有した楽曲は
凄くイカしている。



Stina Tweeddale (vocals, guitar)
Shona McVicar (vocals, drums)



オフィシャルHP
http://yumhoneyblood.tumblr.com

facebook
https://www.facebook.com/honeybloodeatitup

lastfm
http://www.lastfm.jp/music/Honeyblood

bandcamp(試聴)
http://honeyblood.bandcamp.com/

soundcloud(試聴)
https://soundcloud.com/honeyblood

レーベル・アーティストページ FatCat Records
http://www.fat-cat.co.uk/site/artists/honeyblood


youtube試聴 Bud
http://youtu.be/wIwoAjyUP1E


youtube試聴 Super Rat
http://youtu.be/hQrKN8gtH5U


youtube試聴 'Killer Bangs' - Exclusive Live Session
http://youtu.be/UTRWZudlHYo








インディロック comments(0) trackbacks(0) いちのすけ
1/3 >>